LOADING

アドミュージアム東京
「デジタル・コレクションテーブル」

システム構築、キーワーディング、ストックフォト

日本で唯一の広告ミュージアム、アドミュージアム東京(東京・汐留)。江戸時代から現代までの約32万点の資料を所蔵し、2002年の開館以来、広告の社会的・文化的価値を伝える活動を進めています。2017年12月に開館15年を機に、展示内容を含めた施設の全面リニューアルを行いました。

今回のリニューアルでは、このコレクションの中から約2000点の広告作品を閲覧できる「デジタル・コレクションテーブル」コンテンツが新たに制作され、アマナグループの株式会社アマナイメージズがキーワーディングとアーカイブ写真のディレクションを担当しました。

2000点もの広告作品にキーワードを付与する作業は大変なものでしたが、アマナイメージズがストックフォトの扱いで培ったノウハウを応用。時代とキーワードの両軸から、見たくなる作品が次々とピックアップされるよう、的確なキーワーディングを行いました。

さらに、時代を象徴するアーカイブ写真をセレクト。撮影された年代がすぐにわかる写真と連携させることで、その広告が作られた時代背景を瞬時に感じ取ることができるコンテンツになりました。

アマナイメージズが得意とするキーワーディングのノウハウを、いかんなく発揮できた案件です。

コンテンツ企画編集(ストック)



  • スポンサー : 公益財団法人 吉田秀雄記念事業財団
  • クライアント : 株式会社 乃村工藝社
  • プロデューサー : 野副麻希子 / 新居祐介
  • CD : 松野正也
  • フォトディレクション : 樋川仁
  • テクニカルディレクション : 松田達也
  • ストックフォト : 高橋章 / 宍戸靖雄

この作品の掲載は株式会社アマナおよびアマナグループの作品事例紹介を目的にしております。掲載作品の転載、無断使用を禁じます。

All materials contained on the amana showcase are intended to present work samples from amana inc. and amana group and may not be reproduced, distributed, transmitted, displayed, published or broadcast without the prior written permission of amana inc.

この事例をシェアする

この事例に関するお問い合せはこちら