LOADING

Immersive Museum

ストックフォトリサーチ、ライツクリアランス、CGクリエイティブ

モネをはじめとする、印象派の芸術作品を新しい鑑賞形態で体験できる没入型ミュージアム「Immersive Museum」。アマナは制作チームに参加し、作品のリサーチから使用に際してのライツクリアランス、CGクリエイティブによる映像制作を手掛けました。

※2022年7月8日(金)~2022年10月29日(土)、東京・日本橋三井ホールにて開催

イベント|3DCG|ストック素材活用サービス

空間全体に広がる音と映像で、名画の新たな鑑賞体験を

「Immersive Museum(イマーシブミュージアム)」は、“Immersive=没入感”をキーワードとする、新たなアート体験プログラム。特別な音響効果と壁面・床面全てに投影される没入映像を組み合わせて、高さ6m、約700㎡の巨大空間に名画の世界を再現し、音と映像によってあたかも全身で名画の世界に入り込んだような感覚を体験できます。

クロード・モネなど印象派を代表する作家8名の計81作品を映像にアレンジして展示し、さらにはグッズ販売もあわせて展開するにあたり、アマナが作品のリサーチや権利所有者への許諾交渉を実施。アマナイメージズで取り扱う美術品写真は、フランス国立美術館連合など世界の美術館とのコネクションをもつ海外のエージェントとの連携があるため、作品のリサーチから許諾申請まで一貫して行うことができます。

CG技術を駆使し、没入感あふれる演出を実現

実際の展示に使用されている映像の制作にも、アマナが携わっています。映像制作にあたっては、CG技術を駆使して点描画の筆致一つひとつを分解して複数のレイヤーに配置、平面の絵画を奥行きがある3Dの世界に再現しています。これにより、鑑賞者は映像の動きとともにまるで絵画に描かれた景色の中に入り込んでいくような感覚を感じられる。まさに没入感あふれる演出を実現しました。


  • パートナー:株式会社電通、株式会社ドリル
  • プロデューサー : 麻生 愛
  • 絵画リサーチャー:米澤 加代子
  • レタッチャー:丸岡 和世
  • CGクリエイター:佐藤 翔太

この作品の掲載は株式会社アマナおよびアマナグループの作品事例紹介を目的にしております。転載、無断使用は著作権者によって禁じられています。

All materials contained on the amana showcase are intended to present work samples from amana inc. and amana group and may not be reproduced, distributed, transmitted, displayed, published or broadcast without the prior written permission of the copyright owner.

この事例をシェアする