LOADING

プレスリリース

2018.10.18

ドローンによるビジュアルサーベイに特化した「airvision survey」
産業分野におけるドローン調査サービスで情報の「見える化」を推進
施設点検のドローン活用に向け兵庫県姫路市と実証実験を実施

 空撮のプロフェッショナルチーム「airvision」を運営する、アマナグループの株式会社アマナビ(本社:東京都品川区、代表取締役社長:児玉秀明、以下「アマナビ」)は、インフラ保全活動や精密農業などで活用が期待されるビジュアルサーベイ(撮影による調査)に特化したサービス「airvision survey」を新たに発足。ドローンを用いた産業目的の調査サービスを本格的に開始いたします。

 
 10月15日(月)〜18日(木)に兵庫県姫路市で実施した「公共施設等インフラ点検へのドローン活用実証実験」にて、ドローンに搭載した高精細可視光カメラの遠隔操作システムや、サーマルカメラと可視光カメラの一体化により映像データと温度データを一度に取得する仕組みの実用性を確認いたしました。


 

 



■「airvision survey」発足について
 「airvision」は業界に先駆けて2011年からドローンによる空撮業務をスタートさせ、広告業界ではトップクラスの実績があります。また同時に、非常に高度なドローン操縦の技術を有するパイロットが在籍しているため、産業分野でドローンを活用したい企業や団体からの要請を受け、さまざまな実証実験を行ってきました。
 
 そこで、アマナビではこれまで行ってきた広告向け空撮業務だけではなく、公共施設等のインフラ点検や精密農業などへの利用を目的とした、ドローンによるビジュアルサーベイに特化した「airvision survey」を新たに発足しました。産業利用のドローン調査サービス提供を本格的に開始することで、これまで見ることが難しかった情報の「見える化=データ化」を推進します。
 
 
■ドローンによる施設点検実証実験について
 このたび、施設のインフラ点検へのドローン活用実現化を目指す姫路市と、姫路市の持つ公共施設の壁面(ルーフ含む)調査の実証実験を、株式会社環境総合テクノス、ケイプラス株式会社、株式会社GEOソリューションズの協力を得て実施いたしました。


キヤノン製EOS 5Ds Rにカメラ遠隔制御システムを搭載したDJI MATRICE 600 PROを操縦するairvision surveyパイロット。


ZENMUSE XT2で撮影した赤外線画像。温度差を測定することにより、外壁タイルの浮き等を検出することができる。

 今回の実証実験では、ドローンに搭載したキヤノンの高精細可視光カメラ(5060万画素のEOS 5Ds R)を遠隔操作できることや、DJIの赤外線カメラ(ZENMUSE XT2)によるサーマルカメラと可視光カメラの一体化により映像データと温度データの両方を一度に取得できることから、フライト回数やパイロットの負担を軽減して作業効率を上げることにつながることを検証し、その結果、点検業務におけるドローンの社会実装がより現実的になったと確信しました。
 
 アマナビは今後、培ってきた技術力とネットワークを活かし、「産業分野へのドローン導入コンサルティングやドローン実践トレーニング」などを提供し、より幅広い分野への参入を目指しています。
 

■実証実験の概要
日時:2018年10月15日(月)〜10月18日(木)
場所:手柄山交流ステーション、書写の里・美術工芸館、花の北市民広場 ほか
実施主体:姫路市都市局、株式会社アマナビ
実施協力:株式会社環境総合テクノス、ケイプラス株式会社、株式会社GEOソリューションズ
     DJI JAPAN株式会社、キヤノンマーケティングジャパン株式会社
実施内容:施設の劣化調査に赤外線カメラ・可視光カメラを搭載したドローンを活用する実証実験
実施成果:ドローンによる撮影画像活用の有用性を確認
 


 

お問い合わせ先
株式会社アマナビ
TEL:03-3740-4200(10:00~18:00 ※土日祝日を除く)
URL:http://amanabi.com

このニュースをシェアする

メールでのお問い合わせはこちら