LOADING

プレスリリース

2018.09.10

「アマナドローンスクール」がキヤノンオンラインショップで販売開始
- わずか2日間で、JUIDA認定ライセンス取得に必要な知識と技術を学べます -

 


 次世代クリエイター養成スクールを運営する、アマナグループの株式会社アマナビ(本社:東京都港区、代表取締役社長:児玉秀明、以下「アマナビ」)は、キヤノンマーケティングジャパン株式会社(本社:東京都港区港南2-16-6、代表取締役社長:坂田正弘、以下「キヤノンMJ」)が取り組む、産業用ドローンの人材育成サービスや関連ソリューションのラインナップとして「アマナドローンスクール JUIDA 認定ライセンス取得講座」が採用されたことを発表いたします。本日より「キヤノンオンラインショップ」で本講座の販売が開始されます。
 
 「アマナドローンスクール」は、2016年の開校から600名以上のJUIDAライセンス取得コース卒業生を輩出した、国内トップクラスを誇る実績を持つドローンスクールです。講師は大河ドラマのオープニングや数々の 映画、CM のドローン映像を手がける、アマナグループの空撮プロフェッショナル集団「airvision(エアビジョン)」が務めます。この度それらの実績と品質が認められ、キヤノンMJでの採用が決定いたしました。
 キヤノンMJは、2016年に産業用ドローンビジネスに参入し、キヤノン製の映像入力機器を搭載し高精細な画像データの取得を可能にした機体の販売やフライト代行サービスの展開、構造物点検の実証実験などを実施してきており、今後も様々な分野でのサービス展開を推進する計画です。
 
 ドローンの国内の市場規模は2024年に3711億円に達すると見込まれ、この先5年で約7倍に拡大していくと予想されています。その内訳においても、メディアや広告向けの空撮需要だけでなく、自然災害での復旧支援や災害時の情報収集での活用などドローン利用の広がりが見られます。スクール受講者の業界分布も、建設からプラント、メーカーやエネルギー関連と多岐に渡り、様々な業界でのドローンの活躍が予想されます。
 今後もアマナビは、目的に合わせたドローン利用の開発協力や人材トレーニングのサポート、また将来的にはドローンパイロットの人材派遣など、多様なニーズに応えるドローンサービスを充実化させていく予定です。


■ 「アマナ ドローンスクール JUIDA 認定ライセンス取得講座」

販売開始日:2018年9月11日(火)

メーカー:アマナビ(http://amanabi.com/)

<製品名>
「JUIDA 認定ライセンス 操縦技能取得コース」 価格:198,000 円(税抜)
「JUIDA 認定ライセンス 操縦技能&安全運航管理者総合取得コース」 価格:236,000 円(税抜)
<取り扱い>
キヤノンマーケティングジャパン株式会社 キヤノンオンラインショップ
URL:https://store.canon.jp/online/c/c163420/
 

■ ドローンビジネスに欠かせない「JUIDA 認定ライセンス」とは?


「空の産業革命」と言われるほど、世界に革新的なビジネスアイディアを創出し普及し続けているドローン(無人航空機)。一方では、衝突や墜落の危険性、飛行禁止エリアの認知など、商用利用に潜むリスクの回避や対策を求められているのも事実です。こうした課題を解決するために、JUIDA(一般社団法人日本UAS 産業振興協議会)は、認定講師による講義と実技の修了者のみに発行する「JUIDA 認定ライセンス」を用意。これにより、 ドローン運航時の社会的信用とともに、ドローン向け総合団体保険への加入や国土交通省の飛行許可をスムーズにするなど、ドローンの操縦士および安全運行管理者必携のライセンスです。


 


このサービスに関するお問い合わせ:
キヤノンマーケティングジャパン株式会社
ドローンソリューション企画部 03-6719-9477(直通)
 

このニュースをシェアする

メールでのお問い合わせはこちら