LOADING

CORPORATE企業情報

沿革

1979
  • 4月
    実質上の存続会社アーバンパブリシティ㈱創立(ビジュアルコンテンツの企画制作事業開始)
1987
  • 1月
    ストックフォトの企画販売事業開始
1991
  • 4月
    アーバンパブリシティ㈱から㈱イマに商号変更
1997
  • 11月
    ㈱カメラ東京サービス(形式上の存続会社)と合併、商号を㈱アマナに変更
2004
  • 7月
    ㈱東京証券取引所マザーズ市場に株式を上場(7月1日付)
  • 10月
    共同出資により㈱ニーズプラス設立
2005
  • 3月
    撮影部門を独立させ、㈱アキューブ、㈱スプーン、㈱ディップ、㈱ヒュー、㈱ボォワル設立
  • 12月
    ソリューションアイテム拡充のため、㈱ナブラの株式取得 (子会社化)
2006
  • 1月
    企画・デザイン力強化のため、㈱エイ・アンド・エイの株式取得 (子会社化)
  • 8月
    企画・デザイン力強化のため、㈱ミサイル・カンパニーの株式取得 (子会社化)
2007
  • 1月
    ストックフォトの企画販売事業を再編し、㈱アマナイメージズに集約(子会社化)
    TV-CM事業領域拡大のため、㈱ハイスクールの株式取得 (子会社化)
2008
  • 7月
    ㈱アマナからビジュアルコンテンツの企画制作事業を担う㈱アマナを新設分割、持株会社制に移行
    ㈱アマナの商号を㈱アマナホールディングスに変更
  • 11月
    情報セキュリティマネジメントシステムの国際規格「ISO/IEC27001:2005」の認証取得(11月24日付)
  • 12月
    ㈱ミサイル・カンパニーの株式譲渡(持分法適用関連会社)
2009
  • 1月
    ㈱アマナから企画制作事業の一部を担う㈱アマナインタラクティブを新設分割
  • 10月
    ビジュアルコンテンツの企画制作事業の一部を担う㈱アマナシージーアイを新設分割
  • 12月
    ㈱アマナインタラクティブを存続会社として㈱ハイスクールを吸収合併
    事業区分を「広告ビジュアル制作事業」と「ストックフォト販売事業」に変更
2010
  • 4月
    広告ビジュアル制作事業の一部を担う㈱ハイドロイドを新設分割
  • 12月
    広告の企画制作を担う㈱ワンダラクティブ設立
2011
  • 10月
    広告の企画制作事業拡大のため、㈱料理通信社の株式取得 (子会社化)
2012
  • 1月
    プラチナプリントを主とした事業拡大のため、Salt Ulbeek社との合弁会社㈱アマナサルト設立
  • 7月
    広告ビジュアル制作事業の再編により㈱ナブラの商号を㈱ライジンに変更
  • 9月
    amanacliq Asia Limited設立
  • 10月
    アジア市場における営業拠点としてamanacliq Asia LImitedの子会社amanacliq Shanghai Limited設立
  • 12月
    ㈱ウエストビレッジ コミュニケーション・アーツの株式取得
2013
  • 1月
    ㈱アマナの制作関連事業をアマナインタラクティブへ吸収分割
    ㈱アマナインタラクティブの営業関連事業をアマナへ吸収分割
    ㈱アマナインタラクティブを㈱アマナクリエイティブに商号変更
  • 4月
    タカ・イシイギャラリーとの合弁会社、 ㈱アマナティーアイジーを設立(持分法適用関連会社)
  • 7月
    アジア市場における営業拠点としてamanacliq Asia Limitedの子会社amanacliq Singapore Pte. Ltd.設立
2014
  • 1月
    企画デザインを行う㈱アマナデザイン設立
    ㈱アマナクリエイティブを㈱スタジオアマナに商号変更
  • 3月
    ㈱アマナエーエヌジー 設立(持分法適用関連会社)
  • 4月
    グループ内の営業体制の強化と戦略的・機動的な経営資源の活用を目的に㈱アマナホールディングスを存続会社として㈱アマナを吸収合併
    ㈱アマナホールディングスを㈱アマナに商号変更
    ビジュアル制作体制の合理化を目的に㈱スプーンを存続会社として㈱ヴィーダを吸収合併、㈱パレードに商号変更
  • 7月
    ジャン・健太 ゴーチエ氏との共同出資により ㈱アマナジェイケージー設立(持分法適用関連会社)
2015
  • 4月
    人材育成、企業研修の企画・運営を手がける㈱アマナビ設立
  • 10月
    YK Luxembourg S.a r.l.とカルチュア・コンビニエンス・クラブ㈱ との3社共同出資による合弁会社㈱イエローコーナージャパン設立(持分法適用関連会社)
2017
  • 1月
    ㈱スタジオアマナを存続会社として㈱パレードを吸収合併、㈱アマナフォトグラフィに商号変更
    ㈱ライジンを存続会社として㈱アマナシージーアイ、㈱ハイドロイドを吸収合併、㈱アマナデジタルイメージングに商号変更
2018
  • 7月
    ㈱アマナデザインが㈱サイバーエージェントとの合弁会社 ㈱Ca Design設立(持分法適用関連会社)
2019
  • 2月
    ㈱XICOの株式取得(持分法適用関連会社)
    ㈱プレミアムジャパンの株式取得(持分法適用関連会社)
  • 12月
    ㈱アマナデザインを存続会社として㈱アマナビ、㈱ウエストビレッジ コミュニケーション・アーツ吸収合併
2020
  • 7月
    ㈱アマナを存続会社として㈱アマナデザインを吸収合併
  • 9月
    アマナドローンスクールを㈱GEOソリューションズに事業譲渡
  • 10月
    アートフォト販売拡大に向けての迅速な意思決定を目的にCCCアートラボ㈱が保有する㈱イエローコーナージャパンの株式を取得し、
    ㈱イエローコーナージャパンを連結対象子会社化
  • 11月
    ㈱アマナを存続会社として㈱アマナサルト、㈱アマナデザインスタジオ、㈱アマナデジタルイメージング、㈱ワンダラクティブを吸収合併
    ㈱アマナフォトグラフィを存続会社として㈱アキューブ、㈱ヒューを吸収合併
2021
  • 2月
    ㈱アンの株式を譲渡(持分法適用関連会社化)

TOP