LOADING

パルコ「PARCO THEATER 3D」

空間3DCG制作

渋谷パルコの建替えに伴い一時休館、新装するパルコ劇場の姿をありのまま保存するため、劇場内を3DCG化したアーカイブコンテンツ「PARCO THEATER 3D」を制作いたしました。
劇場には1973年の開館以来、約43年間にわたるアーティストやお客様ひとりひとりの思い出が詰まっており、コンテンツ制作にあたっては『それぞれの思い出とともに、パルコ劇場をもう一度体感していただくことができるコンテンツにしたい』という劇場側のコンセプトを重視。特殊なカメラを用いて劇場内部をフラットに撮影、空間をまるごと3DCG化することにより、フォトグラファーの意図が反映されない中立的なアーカイブとして制作いたしました。ロビー、客席、ステージ、更にはバックステージに至るまで、その場を歩いているかのような360度バーチャルツアーがweb上でお楽しみいただけます。

パルコ劇場「PARCO THEATER 3D」

スチル撮影|3DCG


  • クライアント:株式会社パルコ
  • カメラマン:永井 一人
  • プロデューサー:栗原 隆幸 / 早瀬 友里加

この作品の掲載は株式会社アマナおよびアマナグループの作品事例紹介を目的にしております。掲載作品の転載、無断使用を禁じます。

All materials contained on the amana showcase are intended to present work samples from amana inc. and amana group and may not be reproduced, distributed, transmitted, displayed, published or broadcast without the prior written permission of amana inc.

この事例をシェアする

この事例に関するお問い合せはこちら