LOADING

お知らせ

2019.08.02

日本最大級のものづくりの祭典「Maker Faire Tokyo 2019」に
共同で“未来のコミュニケーションデバイス”を出展
~網膜走査型レーザディスプレイのUIデザインにアマナが協力~

さまざまなビジュアルコミュニケーション事業を展開するアマナグループの株式会社アマナデザイン(本社:東京都品川区、代表取締役社長:澤 幸宏)はこの度、東京ビッグサイトにて開催されるMaker Faire Tokyo 2019に、株式会社QDレーザ、ソフトバンク株式会社と3社合同で、音声認識と両眼網膜投影技術を組み合わせた、“未来のコミュニケーションデバイス”の試作品を出展します。

今回、アマナデザインのプロトタイピング・ラボラトリー「FIGLAB」では「網膜走査型レーザディスプレイ」のデバイス内に表示されるUIデザインの制作協力を行いました。音声を文字化するだけでなく、画像とリンクすることで可視化し、直感的にコミュニケーションをすることを目指した“未来のコミュニケーションデバイス”を、できるだけ多くの方にご体感いただければと考えています。


▼企画展概要

Maker Faire Tokyo 2019
https://makezine.jp/event/mft2019/
 
会 期 :   2019年8月3日(土)~4日(日)
時 間 : 8月3日(12:00~19:00)/8月4日(10:00~18:00)
会 場 : 東京ビッグサイト 西3、4ホール [スペースNo.: I/11-01]
住 所 : 東京都江東区有明3-11-1(http://www.bigsight.jp/access/transportation/
入場料 : [当日] 大人 1,500円、18歳以下 700円
共同出品: ・株式会社QDレーザー(https://www.qdlaser.com/news/355/
      ・ソフトバンク株式会社(https://www.softbank.jp/corp/aboutus/profile/
 
 
▼「FIGLAB(フィグラボ)」とは
http://figlab.jp/
 
新しい技術を使い、「手を動かしながら考える」ことで、アイディアを即座に具現化・視覚化し、より高いレベルでの課題解決を目指すアマナのビジュアル・コミュニケーションテクノロジーを追求するプロトタイピング・ラボラトリー。オープンイノベーションの場として、映像/グラフィック/エンジニアリングなど多様な分野とコラボレーションし、あらたな表現と価値を生み出している。主にイベント・広告領域で活動。

このニュースをシェアする