LOADING

イベント

2019.05.07

<5月13日(月)開催>
ブロックチェーンは
アートマーケットを再構築するのか


©︎dkey/a.collectionRF/amanaimages

登壇者:
施井泰平(スタートバーン株式会社代表取締役)
小山登美夫(小山登美夫ギャラリー代表)


暗号通貨だけでなく、社会のさまざまなシーンで活用されはじめたブロックチェーン・テクノロジー。その動きはアートの領域にも見られ、国内外のベンチャーが参入し、この3月には「アート×ブロックチェーン」構想を打ち出すスタートバーン株式会社が3億円の資金を調達したことで、これからさらなる加速が予想されています。

一方、1996年にギャラリーを立ち上げ、奈良美智氏や村上隆氏など名だたる現代アーティストを輩出し、日本のアートマーケットを第一線で切り拓いてきた小山登美夫ギャラリー。

テクノロジーの介入や表現の多様化など、これから複雑化するアートマーケットはどうなっていくのか。

ブロックチェーンを武器に新たなかたちでアートマーケットとの接続を試みるスタートバーン代表取締役の施井泰平さんと、20年以上にわたり類のないアーティストとともに現代のアートシーンを築いてきた小山登美夫さんに、それぞれの立場からアートマーケットの未来を展望していただきます。

〔イベント概要〕
「ブロックチェーンはアートマーケットを再構築するのか」
日  時 2019年5月13日(月)19:00~20:30
会  場 amana square
料  金 2500円
定  員 72名(先着順)
申込締切 2019年5月13日(月)12:00
※当日は18:30より開場致します
※トークイベントの録音はご遠慮願います
※定員に達し次第、募集を締め切らせていただきます
※キャンセル待ちは空きがでましたら、随時Peatixで募集いたします
イベント詳細および申し込みはこちらから


ヒト・コト・ミライが交差するリアルプレイス「H(エイチ)」

ビジュアルコミュニケーションで社会に貢献する株式会社アマナが発行・制作する、4つのこだわりメディア『IMA』『MilK』『料理通信』『Nature & Science』。それぞれに、独自の切り口で洗練されたコンテンツをお届けしてきたこれらのメディアが集まり、ウェブとリアルが連動する新しいメディア「H(エイチ)」が誕生しました。

「H」では、4つのメディアと深いかかわりを持つ方々をお招きしたトークイベントやワークショップなどのイベントを開催し、ビジネスシーンにおける課題解決のヒントや、アイデアの種を探る場として、さまざまなコンテンツを発信していきます。

このニュースをシェアする

メールでのお問い合わせはこちら