LOADING

プレスリリース

2019.04.10

LEAP 2019 <out into the field>
アマナ初、2019年新人クリエイター作品展開催のご案内
~amana group新人クリエイター、世界に向けて発信!~
 

 さまざまなビジュアルコミュニケーション事業を展開する株式会社アマナ(本社:東京都品川区、代表取締役社長 進藤博信、以下「アマナ」)は、この度、初の2019年新人クリエイター作品展「LEAP 2019 <out into the field>」を開催します。


 今年、創立40周年を迎えるアマナは、ビジュアルコミュニケーションエキスパート(Visual Communication Experts)として、五感を刺激する鮮度の高い「ビジュアル」や「コンテンツ」の提供をしつつ、日々、変革を続けてきました。そんなアマナが誇るビジュアルコミュニケーションにとって、最もベーシック、且つ重要なのが、撮影です。静止画はもとより、CG、アニメーション、また昨今ニーズが一層高くなっている動画素材をワンストップで提供できるアマナでは、専属のフォトグラファー、CGクリエイター、レタッチャーなど、専門性の高いクリエイター約150名が、制作の現場で活躍しています。
 そして今年、11名の新人クリエイターが、表現のフィールドに第一歩を踏み出します。それぞれが目指す道で、それぞれが培ってきた技術、そして感性が花開き、正式に2019年の「アマナ専属クリエイター」として認定されます。周年となる今年は、厳しい審査を経て専属クリエイターとなった11名の門出を祝って、アマナ初の2019年新人クリエイター作品展「LEAP 2019 <out into the field>」を開催します。

 

▼企画展詳細

2019年アマナ新人クリエイター作品展
「LEAP 2019 <out into the field>」

会 期       : 2019年4月20日(土)~4月25日(木) ※無休
時 間       : 11:00~17:00
会 場       : amana square/session hall (住所:〒140-0002 品川区東品川2-2-43 T33ビル1F
入場料       : 無料
問合せ       : TEL/ 03-3740-4222、E-Mail/ amana-visual@amana.jp
主 催       : (株)アマナ
企画・協力 : FLAT LABO
 
※詳細については、専用インスタグラムよりご覧ください。
<ハッシュタグ> #amana #creator #exhibition #tokyo #art #Photographer #cgcreator #creativeretoucher
#LEAP2019 #天王洲 #tennoz

▽新アマナ専属クリエイター:
 安藤 瑠美(RUMI ANDO)、芦埜 翔太(SHOTA ASHINO)、御座岡 宏土(HIROTO GOZAOKA)、白玖 欣宏(YOSHIHIRO HAKU)、猪飼 ひより(HIYORI IKAI)、上村 可織(KAORI UEMURA)、黒滝 千里(CHISATO KUROTAKI)、広光(HIROMITSU)、KELLY LIU(劉 怡嘉)、佐々田 天(HIROSHI SASADA)、豊嶌 礼緒生(REOKI TOYOSHIMA)

▽展示:
展示に際しては、プロ品質の写真プリントや額装などを手掛けるアマナグループのFLAT LABO(フラット ラボ)が全面協力し、今年新たにアマナ専属クリエイターとなった11名の個性豊かな作品を、クリエイティブな表現方法で展示しています。

▽作品詳細:

(左)「microcosm」
by 上村可織 ([株]アン所属)
撮影した素材を自ら組み合わせて編み出す世界観を、特殊塗料を使用したアクリルで表現した作品。
(材質:フォトアクリル)

(中)Fetish . sexuality by KELLY LIU [株]アキューブ所属)
テクスチャ―と質量のバランスを用い、現代のセクシュアリティを写真のテクニックで表現。
(材質:フォトアクリル)

(右)「Unknown People by 広光 [株]アン所属)
どこかにいるようでいない、名も無き民族の空想ポートレート。
(材質:木製フレーム、クラフトペーパー)

▼関連コラボレーション
 展示期間中、アマナが運営するギャラリーカフェIMA cafeでは、11名のクリエイターをイメージしたスペシャルブレンド「LEAP」(コーヒー豆)の販売(数量限定)を行います。
 

このニュースをシェアする