LOADING

お知らせ

2018.05.14

2018年夏開催決定「浅間国際フォトフェスティバル」
アマナが自治体と共につくる「写真で町おこし」




 


ビジュアルコミュニケーション事業を展開する株式会社アマナ(本社:東京都品川区、代表取締役社長 進藤博信、以下「アマナ」)は、「文化・高原公園都市」を掲げる御代田町(みよたまち、所在地:長野県北佐久郡御代田町、町長: 茂木祐司)と、2018年8月11日から9月30日の期間、「浅間国際フォトフェスティバル」を共同で開催いたします。

アマナと御代田町は、2017年より地域ブランディングの一環として「写真で町おこし」に取り組んでいます。御代田町は東京から新幹線で一時間半ほどの軽井沢に隣接する町で、長野県東部にある浅間山に抱かれた高原の町です。四季折々の豊かな自然に恵まれた環境と、大型の屋外写真展示を組み合わせることで、今まで体験したことのない“五感を刺激する”写真の楽しみ方を提案します。 本フェスティバルのコンテンツディレクターには、アマナが発刊するアートフォト専門誌『IMA』のエディトリアルディレクター太田睦子が就任。2019年の本格開催に向け、今回はプレイベントとして旧メルシャン軽井沢美術館跡地を中心に、国内外で活躍する作家によるアートフォト作品と御代田町の自然が調和した、他にはないユニークなフォトフェスティバルとなる予定です。期間中は会場内でのワークショップや写真教室、フォトブースなど様々な体験型のイベントも予定しています。

ビジュアルコミュニケーションが活発化するいま、御代田町が日本の写真文化の交流拠点となり、アマナのビジュアルへの知見を生かし、地域と写真の魅力を世界的に発信することを目指します。


「浅間国際フォトフェスティバル」開催概要
会期:2018年8月11日(土祝)〜9月30日(日)※会期中無休
時間:10時00分〜18時00分
入場料:無料
会場:長野県北佐久郡御代田町馬瀬口1794−1(旧メルシャン軽井沢美術館)周辺エリア
内容:屋内外でのアート写真展示、写真撮影ブース、ワークショップ、マルシェ等
主催:浅間国際フォトフェスティバル実行委員会
URL:http://asamaphotofes.jp


これからもアマナは「ビジュアルコミュニケーションで世界を豊かにする。」というコーポレートミッションのもと、写真を愉しむ文化の創造を目指し「写真で町おこし」の活動を通して、地域と社会に貢献をして参ります。

 

このニュースをシェアする

メールでのお問い合わせはこちら