LOADING

イベント

2022.02.28

「TENNOZ ART FESTIVAL 2021」が3月1日(火)より開催
~「アートの島=天王洲アイル」の発展に寄与する取り組みに協賛~

コミュニケーション変革をクリエイティブで実現する株式会社アマナ(本社:東京都品川区、代表取締役社長 兼 グループCEO 進藤博信、以下「アマナ」)は、2022年3月1日(火)から3月31日(木)まで開催される「TENNOZ ART FESTIVAL 2021」に協賛します。同イベントにおける2箇所のアート展示を担当し、作家と作品のプロデュースからプリント・展示ディレクションまで手がけています。


市田小百合「Mayu」|ふれあい橋


清水はるみ「OPEN FRUIT IS GOD」|旧東品川清掃作業所運河側フェンス

「TENNOZ ART FESTIVAL 2021」は、“アートの島=天王洲アイル”を舞台に、大型壁面アートや街中の立体アートを楽しむアートイベントです。展示会場は天王洲アイルエリア内の全16箇所にのぼり、今回新たに6名のアーティストが参加しています。アマナ は、天王洲ふれあい橋の橋梁に市田小百合の「Mayu」と、旧東品川清掃作業所の運河側フェンスに清水はるみの「OPEN FRUIT IS GOD」の
展示を担当しています。巨大なアート作品を探しながら、この機会に天王洲アイルを散策してみてください。
 

開催概要

タイトル:「TENNOZ ART FESTIVAL 2021」
日 時     : 2022年3月1日(火)-3月31日(木)
展示会場:天王洲アイルエリア16箇所
新設掲出:6箇所
1:天王洲ふれあい橋(※)
2:旧東品川清掃作業所 運河側フェンス(※)
3:三井不動産レジデンシャル仮囲い(運河側)
4:天王洲オーシャンスクエア公開空地 立体設置
5:天王洲パークサイドビル公開空地 立体設置
6:天王洲ピア桟橋エントランス 立体設置 
※印の作品については期間中のみ展示。

前回より継続:10箇所
1:東横INN 立体駐車場 壁面
2:パナソニック東品川ビル2号館 壁面
3:旧東品川清掃作業所 壁面-B
4:三信倉庫 壁面(野球場側)
5:寺田倉庫T33 壁面
6:東品川2丁目桟橋 待合所 壁面
7:ボンドストリート(旧内山コンクリート)壁面
8:天王洲公園倉庫 壁面
9:アイルコート(天王洲セントラルタワー公開空地)立体設置
10:天王洲アイル駅(東京モノレール) 改札前通路

主       催:天王洲アートフェスティバル2021実行委員会/一般社団法人 天王洲・キャナルサイド活性化協会
共       催:一般社団法人 エリアマネジメントTENNOZ
協       賛:株式会社アマナ/寺田倉庫株式会社
協       力:株式会社東横イン/三信倉庫株式会社/三井不動産レジデンシャル株式会社/東京燃料林産株式会社/東京モノレール株式会社/芝浦荷受株式会社/パナソニック株式会社/中川特殊鋼株式会社/三井住友信託銀行株式会社/三菱UFJ信託銀行株式会社
後  援:品川区/港区/東京都港湾局/一般社団法人 しながわ観光協会/公益社団法人 日本航海学会/東京商工会議所 品川支部/一般社団法人 港区観光協会/港南振興会/品川浦・天王洲地区運河ルネッサンス協議会

公式Webサイト:https://tennoz-art-festival.com/

 

このニュースをシェアする