LOADING

お知らせ

2021.09.22

茨城県産「栗」の多彩な魅力発信事業を年間で展開
〜「いばらきの栗フェア」| 自然の甘味とほっこりとした食感が魅力の焼き栗の実演販売からスタート〜

コミュニケーション変革をクリエイティブで実現する株式会社アマナ(本社:東京都品川区、代表取締役社長 兼 グループCEO 進藤博信、以下「アマナ」)では、茨城県を代表する食材「栗」の認知拡大のための情報発信や喫食機会の創出を、年間を通じて行うプロジェクトを運営しています。そしてこの度、焼き栗の実演販売を皮切りに「いばらきの栗フェア」の詳細を発表しました。

「栗」| 日本一の生産県として
 
茨城県(知事:大井川和彦)は、「栗」の生産量が日本一を誇り、また品種が豊富なことから、全国では珍しい品種別販売に取り組む地域もあります。県内での栽培は明治30年頃から始まったとされ、以来、年間を通して穏やかな気候、また通気性に優れた花崗岩質の土壌や黒土を含む土壌が「栗」栽培に適し、栽培から貯蔵、流通に至る安定供給体制が整っています。また味や風味、用途に応じた幅広いニーズに応えられるノウハウが蓄積されており、県運営のウェブサイトでは、秋の味覚を代表する「栗」に関する特集ページを作成し、種類によって個性のある甘み、香り、食感などを活かした多彩な楽しみ方などを伝えています。
 
アマナグループでは、かねてより、全国の地方自治体の地域活性をサポートするための選任チームを組織化し、プロモーションの企画から共感性の高いビジュアル面でのサポートなど、さまざまな魅力発信事業を展開しています。この度、茨城県の「栗」の更なる認知拡大とファンの醸成を目指して、グループ内にて運営する“食のオピニオンリーダー”メディア「The Cuisine Press」(https://r-tsushin.com/)の編集チームを総動員して、茨城県を代表する2つの「栗」産地の特徴や生産者の想いを伝える予定です。また、食のトップクリエイターとの協業によるスペシャルメニューの開発や、食のトレンドに敏感な<食のオピニオンリーダー層>へのアプローチなどを通して、茨城県の「栗」をすでに知っている層だけでなく、新しい客層に向けて、「栗」の魅力を発信します。
 


▼「いばらきの栗フェア」について
 
世界に誇る「栗」のトップブランド産地・茨城県。マロングラッセやモンブランなどの洋菓子としても親しまれている「栗」ですが、イタリアを始めとしたヨーロッパの街角などで人気の焼き栗の魅力をご存知でしょうか?「栗」の自然な甘味とほくほくとした美味しさをシンプルに味わえる焼き栗の実演販売を通して、ぜひご体感下さい。下記に、詳細日程をお知らせします。
 
・9月24日(金)~25日(土)12:00~19:00 | 焼き栗の実演販売・栗菓子販売
ニッコリーナ エキュート東京店
https://www.ecute.jp/tokyo
 
・10月2日(土)~3日(日)11:00~17:00 | 焼き栗の実演販売・栗菓子販売、焼き栗をトッピングした栗スイーツの販売
茨城のアンテナショップ「IBARAKI sense」
https://ibaraki-sense.com/
 
・10月6日(水)~26日(火)10:30~19:30 | 『いも、くり、いばらきフェア』(焼き栗の販売、栗・さつまいもの販売、栗・さつまいもを使った菓子・惣菜の販売等)
新宿高島屋
※焼き栗の販売は10月6日(水)~10月12日(火)を予定
※栗・さつまいもを使用した総菜・和菓子・喫茶メニューの販売は10月13日(水)~10月26日(火)を予定
※販売催事は予告なく変更になる可能性があります。あらかじめご了承下さい
https://www.takashimaya.co.jp/shinjuku/access/

 
・10月8日(金)~10日(日)11:00~17:00 | 焼き栗の実演販売・栗菓子販売、焼き栗をトッピングした栗スイーツの販売
茨城のアンテナショップ「IBARAKI sense」
 
・10月23日(土)~24日(日)11:00~17:00 | 焼き栗の実演販売・栗菓子販売、焼き栗をトッピングした栗スイーツの販売
茨城のアンテナショップ「IBARAKI sense」
 
・10月23日(土)~24日(日)10:00~16:00 | 焼き栗の実演販売
東部ガス(株)茨城支社 『2021ガス展』
 
・10月27日(水)~11月2日(火)10:00~20:00 | 焼き栗の販売、栗の販売、栗を使った菓子の販売等
玉川高島屋
※販売催事は予告なく変更になる可能性があります。あらかじめご了承下さい。​
https://www.takashimaya.co.jp/tamagawa/sc/information/access


 
11月からは、東京都内の飲食店10店舗で「いばらきの栗フェア」のためのスペシャルメニューを展開します。日本料理「ときわ」(https://www.tokiwa-nishiazabu.jp/)、イタリア料理「フィオッキ」(https://www.fiocchi-web.com/)ほか8店舗にて。詳細については、「The Cuisine Press」(https://r-tsushin.com/)にて順次公表予定です。
 
 
伝わり、動かすCo-Creation Partner」をコーポレートミッションに掲げるアマナでは、1979年の創業以来大切にしているその「表現力」を武器に、クライアントとなる行政や地方自治体、国立公園などの課題を根本から共に考え、それぞれの地域に寄り添った長期的な地域活性化の仕組みづくりの企画から実行までをサポートして参ります。

このニュースをシェアする