LOADING

イベント

2021.09.22

アマナとイエローコーナー 「国際ガールズ・デー2021」の活動を視覚的にサポート
~アマナのフォトグラファー・AKANEが共通アイコンを提供~

コミュニケーション変革をクリエイティブで実現する(株)アマナ(本社:東京都品川区、代表取締役社長 兼 グループCEO 進藤博信、以下「アマナ」)は、この度、国連が制定した10月11日の「国際ガールズ・デー(International Day of the Girl Child」に協賛することを発表しました。同「国際ガールズ・デー」に向けて賛同企業10社は、《国際ガールズ・デーPLUS》の活動として、アマナのグループ会社である(株)アマナフォトグラフィ所属のフォトグラファーAKANEが制作した共通アイコンを使用して、「女の子と女性が男性と等しく参加できる社会」の実現に向けた様々な取り組みへの支援と認知拡大に向けて視覚的にサポートします。

 

「国際ガールズ・デー 2021」紹介動画 ©JIHYE SHIN (amana)〜

 


THINK FOR GIRLS | 女の子たちが再び夢を描ける世界を願って
 
長引く新型コロナウイルス感染症(COVID-19)のパンデミックにより、世界的なジェンダー・ギャップの解消にかかる時間は、これまで言われていた99.5年から135.6年へと一世代分増えたと試算されています。コロナ禍の状況において、世界中の女の子たちがジェンダーに基づく暴力や早すぎる結婚、また人身取引などの犠牲となり、人生を豊かにするための機会や自由を奪われています。
 
今年の「国際ガールズ・デー」では、そのような女の子たちが再び夢を描ける世界を取り戻すために、プラン・インターナショナルの活動に賛同する企業が集結し、できることを考える機会を提供します。
 
アマナでは、「国際ガールズ・デー 2021」の紹介映像の制作と、インテリア・フォト販売サイト「amana online store(https://store.amana.jp/)」にて今年の《国際ガールズ・デーPLUS》共通アイコンをデザインしたAKANEの作品を10月1日(金)~10月31日(日)の間に販売。同期間中に販売した作品の売り上げの一部を、プラン・インターナショナルに寄付します。AKANEの作品は、10月6日(水)~10月12日(火)の間、六本木のISETAN SALONE 1Fアートウォールでも展示・販売される予定です。またアマナのグループ会社が運営するイエローコーナーでは、10月4日(月)~10月31日(金)の間、《国際ガールズ・デーPLUS》の共通アイコンを使ったウォールディスプレイを日比谷と横浜にある直営店で実施し、フライヤーの配布をします。また同期間中、「amana online store」のAKANE作品を販売し、収益の一部をプラン・ インターナショナルに寄付します。

(c) AKANE

 


THINK FOR GIRLS
女の子たちが再び夢を描ける世界を願って
  
■ ■ ■ ■ ■
 
女の子だから、という理由で自由を縛られている子どもたちが世界中にいます。
激しい逆行の中、支援活動を通じて自立していく彼女たちは、
逞しく強かで、輝きに満ち溢れています。
 
それはまるで、何度も変化を遂げて成長する蝶々のように美しいと思いました。
性別に関係なく、好きなものや興味のあるものに熱中し、知識を蓄える姿。
自分らしさが詰まった羽で、めいっぱい空を漕いで生きていく姿を想像して
このアイコンを創りました。
これからも、女の子と女性たちが自由に大空を羽ばたいていける未来が続く事を願っています。
 
そして、彼女たちが次世代に幸運を運ぶ道しるべとなりますように。
 
By AKANE

 

▼AKANE(アカネ)について

https://amana-visual.jp/photographers/AKANE
 
フォトグラファー。1994年、長野県生まれ。小学校から高校までを香港と中国・深圳で過ごす。米国オハイオ州コロンバスにあるColumbus College of Art & Design卒業後、(株)ヒュー(現アマ ナフォトグラフィ)に入社。アマナの新人クリエイターによる作品展「LEAP 2021<out into the field>」(https://amana.jp/news/detail_584.html)に出展。自身のサードカルチャーキッドとしての経験を生かし、文化と歴史が溢れるありとあらゆる物をミックスした、エキセントリックでドリーミーな世界観を得意とする。


 

「国際ガールズ・デー」(2021年10月11日)とは

https://www.plan-international.jp/girl/girlsday/


「性別」と「年齢」という二重の差別を受ける途上国の女の子たちと女性の特有な問題に焦点をあて、その解決にむけて世界各国が取り組むよう、啓発し訴える日です。世界70カ国以上で活動する国際NGOプラン・インターナショナル(創立:1937年)の働きかけを受けて、国連によって定められました。弱い立場にある子どもたち、とりわけ女の子と女性が男性と等しく参加できる社会の実現にむけ、「国際ガールズ・デー」にあわせてアクションやイベントを通して広く社会へ発信します。詳細は下記URLよりご覧下さい。
 

イエローコーナー(YellowKorner)とは

https://www.yellowkorner.jp/
 
「まるで本や雑貨を購入するように、毎日の生活にもっと気軽にアートフォトを取り入れて欲しい」――― そんな願いから2006年にパリで誕生したイエローコーナー(YellowKorner)。ヨーロッパを中心に急成長し、現在では世界で100店舗以上を展開しています。日本には2015年に上陸。若手から著名作家まで200名以上のアーティストの、幅広いラインアップのアート写真を手頃な価格で販売する事で、アート写真と社会をつなぐ架け橋となっています。 
 
 



 

このニュースをシェアする