LOADING

お知らせ

2020.08.14

『時を超えるプラチナプリント --- 500年後に残るアート写真』のご案内
~最高峰のプラチナプリント作品とともに深く豊かな時間(とき)へのいざない~

アマナグループにて、最高峰の写真プリント技法であるプラチナプリントを中心とした制作会社「株式会社アマナサルト」は、
2020年11月1日をもって、株式会社アマナに合併いたしました。
尚、今後の案件のご相談につきましては、下記フォームよりお問い合わせください。

https://amana.jp/contact01/service.html


 

さまざまなビジュアルコミュニケーション事業を展開するアマナグループ(本社:東京都品川区、代表取締役社長 兼 グループCEO 進藤 博信、以下「アマナグループ」)で、世界最高レベルのプラチナプリントを企画・制作するアマナサルト(amanasalto)のプラチナプリント作品を、銀座 蔦屋書店にて開催されている『時を超えるプラチナプリント --- 500年後に残るアート写真』にてご覧いただけます。


銀座 蔦屋書店 BIG BOOK販売コーナー風景


同展では、500年以上に亘って美しい状態を保つといわれる最高峰のプリント技術「プラチナプリント」。プラチナ(白金)の感光性を利用し、少部数限定で制作された世界的なアーティストたちの希少なエディションもののポートフォリオセットやプリント作品を紹介、販売しています。

▼フェア概要

『時を超えるプラチナプリント --- 500年後に残るアート写真』

https://store.tsite.jp/ginza/event/art/15092-1629130728.html
 
会 期 : 2020年7月31日(金) ~ 8月31日(月)
      ※展示(営業)時間については、コチラよりご覧ください。
      ※新型コロナウイルス感染症の影響による、イベント等の中止・営業時間の変更が発生する場合がありますので、事前に銀座 蔦屋書店のHPでご確認ください。
 
場 所 : 銀座 蔦屋書店 BIG BOOK販売コーナー
      (住所:東京都中央区銀座6丁目10-1 GINZA SIX 6F)
 
主 催 : 銀座 蔦屋書店
 
協 力 : (株)アマナ、(株)アマナサルト
 

【取扱い作家】

荒木経惟、安斎重男、岡上淑子、二川幸夫、Elliot Erwitt(エリオット・アーウィット)、Patrick Gries(パトリック・グリ)
 

【Platinum Prints(プラチナプリント)について】

より美しく、より繊細に、より深く豊かな写真表現を”
 
1873年にイギリスで発明され、時代を超える耐久性と表現の豊かさを併せ持つことから、世界最高峰と称される写真印画法。過去の数多の巨匠たちもその表現の豊かさに魅せられ、作品を制作してきました。「プラチナプリント」は、科学的に安定性の高い金属である白金(プラチナ)を用いて写真を焼き付ける技法であるため、そのプリントは500年以上に亘って美しい状態で保たれることが実証されています。

また漆黒の締まりが素晴らしく、白に至るグレーの調子は無限で、その諧調の幅広さが色調豊かな滑らかさやディテールといった優雅さを作品にもたらし、「永遠」を閉じ込める技法と謂われています。ゆえに、今日に至るまで多くの写真家や世界中のコレクターを魅了し続けています。

 


 

 

このニュースをシェアする