LOADING

イベント

2020.01.07

<1月21日(火)開催>
スポーツチームと地域が繋がる、 これからのスポーツビジネスのあり方

©️GEN MATSUEDA/「PHaT PHOTO’S」/amanaimages


登壇者:
河村康博(株式会社横浜DeNAベイスターズ ブランド統括本部 広報部)
星野高明(浦和レッドダイヤモンズ株式会社 マーケティング本部 ブランド&マーケティング)
桜井雄一朗(株式会社hincha代表)

2015年のスポーツ庁の設置、東京オリンピックの開催等、国内におけるスポーツビジネスはひとつの成長産業として捉えられています。そのなかでも中心的な役割を担う、プロスポーツビジネスの動向に、いま注目が集まっています。

産業として社会的な関心が高まる一方で、既存の広告ビジネスモデルの変化や消費者の視聴スポーツメディアの多様化など、プロスポーツチームが直面する課題は山積みです。

それらを解決する手段として、目新しいマーケティングツールや、テクノロジーを駆使したプロモーションが話題に上がりますが、それらは一時的なインパクトを重視したものも少なくなりません。本当に必要なのは、中長期的な視点で取り組むスポーツビジネスの成長戦略です。

“公共財”としての側面も持ち合わせるプロスポーツチームが、地域といかに関わっていくべきなのか。スポーツチームが地域にもたらす価値と、活動するうえでの課題を考えます。

今回登壇するのは、横浜スポーツタウン構想を掲げ横浜の地域経済活性化に取り組む、横浜DeNAベイスターズブランド統括本部広報部の河村康博さん。そして、ホームタウンの浦和で地域との関わりを深めているほか、浦和美園駅周辺地区の街づくりに参画している浦和レッドダイヤモンズ株式会社 マーケティング本部 ブランド&マーケティングの星野高明さん。ファシリテーターには、スポーツを中核とした建築や街づくりプロジェクトの事業企画や運営計画を支援する、株式会社hincha代表の桜井雄一朗さんを迎え、スポーツビジネスにおける今後の展望や課題ついて伺います。

[ イベント概要 ]
「スポーツチームと地域が繋がる、これからのスポーツビジネスのあり方」​
日  時 2020年1月21日(火)19:00~20:30
会  場 amana square
料  金 2,500円
定  員 72名(先着順)
申込締切 2020年1月21日(火)12:00

※トークイベントの録音はご遠慮願います
※定員に達し次第、募集を締め切らせていただきます
※キャンセル待ちは空きがでましたら、随時Peatixで募集いたします
イベント詳細および申し込みはこちらから
 


ヒト・コト・ミライが交差するリアルプレイス「H(エイチ)」

ビジュアルコミュニケーションで社会に貢献する株式会社アマナでは、自社で運営する6つのこだわりメディア『IMA』『MilK』『料理通信』「NATURE & SCIENCE」「Premium Japan」「otocoto」と、2つの写真家コミュニティーサイト「xico」「PASHADELIC」それぞれに、独自の切り口で洗練されたコンテンツをお届けしています。

これらのメディアが集まり、ウェブとリアルが連動する新しいメディアが「H(エイチ)」。各メディアと深いかかわりを持つ方々をお招きしたトークイベントやワークショップなどを開催し、ビジネスシーンにおける課題解決のヒントや、アイデアの種を探る場として、さまざまなコンテンツを発信しています。
 

このニュースをシェアする