LOADING

お知らせ

2019.04.17

JAGDA賞2019、注目の2作品を電通とアマナが共同制作
 

  
 さまざまなビジュアルコミュニケーション事業を展開する株式会社アマナ(本社:東京都品川区、代表取締役社長 進藤博信、以下「アマナ」)は、この度、株式会社電通と共同制作した広告作品が、JAGDA賞2019の2部門を同時受賞したことをご報告します。本賞の選考は、毎年、公益社団法人日本グラフィックデザイナー協会(JAGDA)が行い年鑑『Graphic Design in Japan』出品作品の中から、最も優れた作品とその制作者に対して贈られます。

▼受賞作品

新聞・広告カテゴリー:「SINCE1995」(神戸新聞)※

 
 
インタラクティブデザインカテゴリー:「History of The Internet」(ヤフー )       
 


 本制作チームを率いたアートディレクターの川腰和徳氏(株式会社電通 )と、プロデューサー里見勇人(弊社所属)は、2018年にも数々の広告賞を受賞しています。この度、弊社オウンドメディア「VISUAL SHIFT」では、JAGDAが注目した2作品の魅力を取材していますのでご覧ください。
>>2019年JAGDA賞が発表! この賞が広告・グラフィック業界で注目される理由

※新聞・広告カテゴリーにて受賞した「SINCE1995」(神戸新聞)は、アートディレクション+デザイン:小野 恵央氏(株式会社電通)、クリエイティブディレクション:川腰 和徳氏(株式会社電通)、プロデューサー:里見 勇人(弊社所属)による共同制作です。

▼JAGDAとは

https://www.jagda.or.jp/ 
JAGDA(公益社団法人日本グラフィックデザイナー協会)は、1978年、戦後日本のグラフィックデザインの礎を築き、東京オリンピックポスターをはじめ数々の名作を残した故・亀倉雄策らを中心に設立。現在約3,000名の会員を擁する日本で唯一のグラフィックデザイナーの全国組織として、グラフィックデザインの力を通じて、コミュニケーション環境の質的向上をめざし、活動しています。
 
JAGDA2019受賞作品
※本年3月に発表された作品詳細は、下記よりご覧頂けます。
https://www.jagda.or.jp/information/jagda/3622
https://www.jagda.or.jp/awards/category/2019/#cat06
 
【授賞式】      2019年6月28日(金) 都内にて実施〈2019年度JAGDA通常総会会場〉予定
【展覧会】      「日本のグラフィックデザイン2019」
2019年6月20日(木)〜8月7日(水) (場所:東京ミッドタウン・デザインハブ)
https://designhub.jp/access/
 
 今後もアマナでは、企業やブランドの付加価値を最大化するコンテンツパートナーとして、その表現力を武器に様々なビジュアル制作を行ってまいります。
 

このニュースをシェアする

メールでのお問い合わせはこちら