LOADING

プレスリリース

2019.02.06

国内初!小池健輔個展「Hi Jane」
~ イタリアを拠点に活動する注目のアーティスト、国内初の個展 ~

 さまざまなビジュアルコミュニケーション事業を展開する株式会社アマナ(本社:東京都品川区、代表取締役社長 進藤博信、以下「アマナ」)のアートフォト専門ギャラリーIMA galleryでは、2019年2月8日(金)から3月16日(土)の間、写真家・小池健輔(Kensuke KOIKE)の個展「Hi Jane」を開催します。
 


作品名 『Boat』 (2018)
https://www.instagram.com/p/BpjrY4LCO5s/
 

小池健輔個展
Hi Jane
 
会 期    : 2019年2月8日(金) - 3月16日(土)
時 間    : 11:00~19:00(日曜・祝日休)※休廊:2月20日(水) - 25日(月)
会 場    : IMA gallery(住所:〒140-0002 品川区東品川2-2-43 T33ビル1F)
入場料    : 無料
問合せ    : TEL/ 03-3740-0303、E-Mail/ imagallery@imaconceptstore.jp


 イタリア・ヴェネチアに拠点を置く小池健輔は、写真を“メディア”と捉えて作品を制作するアーティスト。蚤の市で集めたヴィンテージのポストカードなどをはじめとする古い写真素材を手に入れて、一部を切り取ったり、位置を動かしたりすることで、新しいイメージを創り出します。「ファウンド・フォト(注1)」と呼ばれるありふれた既成の写真をわずかに加工したり、微妙にズレを生じさせることで、常識に慣れきった私たちの見方を問い直し、モノの価値そのものを変化させます。
 
 そんな小池の作品に漂う独特のユーモアやシュールさに、思わず笑いを誘われる一方、そこに仕組まれる小池流の絶妙な「毒気」によって、人々が信じて疑わない既成概念に一石を投じる作品となっています。小池が日々SNSを通じて発信する作品は、世界中で人気を博し、昨年はイタリア高級ブランドGUCCIのinstagramキャンペーンにも起用されるなど、注目を集めています。
 
 小池健輔にとって国内初となる本展は、「Hi Jane」と題し、近年の作品40点弱が一堂に会します。この「Hi Jane」というまるで絵葉書の書き始めのようなタイトルは、小説『ターザン』に出てくる湖のシーンで、ターザンとジェーンがボートに乗るシーンにインスパイアされたかのようなメインビジュアルが基になっています。
 
 本展のステートメントで、小池は、「Hi John」(ジョンとは主役ターザンの本名)から始まり、ポストカードの中の全作品に登場する人物の名前を箇条書きしています。全くの無名の登場人物には、作家が考えるその人物に似合う名前がつけられており、例えばMajaはゴヤの作品の「裸のマハ」、Adamoは「アダムとイブ」のアダムのイタリア名などのように忠実に名づけています。徹底的にファウンド・フォトという素材に拘る、小池健輔ならではのコンセプトの展覧会です。


注1)ファウンド・フォト(found photos)とは
自ら撮影した写真ではなく、市井の誰かが撮影した既存の写真。例えばフリーマーケットや蚤の市などで見つけた(found)写真、拾った写真などの総称で、最近ではWEB上にアップされている撮影者の特定されない写真などを用いて作品にする手法の作家も増えている。写真の発見者と元の撮影者との間で写真の「読み方」をめぐった相違が生まれることがあり、その読解の差が新たな表現を生み、近年、注目される表現方法の一つになっている。



▼作家ステートメント

Hi Jane
 
Hi John, Hi Robert, Hi Sebastiano, Hi Billy, Hi Lucy, Hi James, Hi Madison, Hi Maja, Hi Cinzia, Hi Daniel, Hi Elizabeth, Hi Diego, Hi Olivia, Hi Gerolamo, Hi Chloe, Hi Bacco, Hi Margherita, Hi Mario, Hi Gabriel, Hi Nick, Hi Michele, Hi Eva, Hi Adamo, Hi Luna, Hi Zoe, Hi Wiliam, Hi Allison, Hi Samuel, Hi Harper, Hi Greg, Hi Avery, Hi Ian, Hi Gaetan, Hi Stefano, Hi Alba, Hi Jesus, Hi Pia, Hi Sergio, Hi Jacob, Hi Emilio, Hi Abel, Hi Ivan, Hi Sophie, Hi Venus, Hi Jaxson, Hi Autumn, Hi George

――――― 小池 健輔

▼小池健輔(Kensuke Koike)略歴
1980 年愛知県生まれ。2004年Accademia di Belle Arti (イタリア)卒業、2007年IUAV University, Faculty of Arts and Design(イタリア) 卒業。フォトコラージュ、インスタレーション、彫刻、ビデオアートなど様々な表現方法で作品を発表している。2005年より、イタリアを中心にドイツ、アメリカ、カナダ、スロベニアなどで多くのグループ展、個展を開催。イタリア・ヴェネチア在住。
http://www.kensukekoike.com/
 

 


 

このニュースをシェアする

メールでのお問い合わせはこちら