LOADING

プレスリリース

2016.09.07

より簡単に、低コストで建造物を3DCG化|3DCGモデリングサービス『ジオウォーク』提供開始


ビジュアルコミュニケーション事業を展開する株式会社アマナ(本社:東京都品川区、代表取締役社長:進藤博信)は、より簡単に、低コストで建造物の3DCG化を実現する『ジオウォーク』を、2016年9月より提供開始します。

『ジオウォーク』は、実際に存在する空間を特殊なカメラを用いて撮影することにより、短納期で3D化することができる3DCGモデリングサービスです。3DCG化された空間はWebブラウザ上で閲覧でき、ドールハウス(3DCG鳥瞰図)やフロアプラン(3DCG平面図)のほか、一般的な360度パノラマウォークスルー(写真内観)などの方法で建物の中を隅々まで見ることができます。撮影者の技術や感性が反映される写真と異なり、現存する建造物をありのままの姿で3DCG化します。

■ 「導入のハードルの高さ」を解決。任意2点間の距離も計測可能
設計図にあたるCAD等のデータをもとに3DCG化する従来の方法では、納期までの期間が非常に長く、費用が高額になりがちなため導入に大きな決断が必要でした。そこで『ジオウォーク』は、撮影から納品までの期間をおよそ1日と、短期間でのデータ提供を可能としました。費用も従来の方法と比較すると圧倒的に低価格で利用できます。さらに、特殊な専用ソフトをインストールすること無くWebブラウザで閲覧が可能で、管理はクラウド上で行うため、導入のハードルは低く利用者間の共有管理も簡単です。また、『ジオウォーク』は光学撮影と同時に赤外線によるスキャンを行っているため、3DCG上の任意の2点間の正確な距離情報を把握することが可能です。大きな機材や家具を配置する際に、現場に出向かずに仮計測を行うことができます。そのほかにも不動産の現地調査、ホテルなどの営業支援ツール、建築・建設現場の施工管理ツール、歴史的建築物や芸術作品、展示物のアーカイブを目的に利用することが可能です。

■ ジオウォーク詳細
サービス名:
ジオウォーク

提供開始日: 
2016年9月

サービス概要: 
実際に存在する空間を特殊なカメラを用いて撮影することにより、短納期で3D化することができる3DCGモデリングサービス

閲覧環境:
インターネットに接続された端末のWEBブラウザ上で閲覧可能
※各ローカルPCの設定やWEBブラウザのバージョンによって閲覧できない場合もあります

納期イメージ: 
撮影から1日前後で納品

価格の目安:
 1 モデル50 万円程度~
※制作モデルによって価格が異なるため、詳細はお気軽にお問い合わせください

サービスに関するお問合わせ先:
株式会社アマナ VC/RDディビジョン2 ジオウォーク担当 栗原 隆幸
Phone:03-3740-4140 e-mail:t.kurihara@amana.jp


株式会社アマナ 会社概要
代表者: 代表取締役社長 進藤博信
所在地: 東京都品川区東品川2-2-43
設立: 1979年4月
資本金: 10億9,714万円
証券コード: 東証マザーズ2402
売上高: (連結)196億45百万円 ※2015年度12月期実績
従業員数: (単体)469名/(連結)1,068名 ※2016年4月1日現在
事業内容: ビジュアルコミュニケーション事業
URL: http://amana.jp/

このニュースをシェアする

メールでのお問い合わせはこちら