LOADING

産業別の取り組み
BEAUTY & COSMETICS 美容・化粧品

高度なレタッチ技術とチームワークで、
心をつかむビジュアルに仕上げる。

Beauty & Cosmetic:写真01

フルCGでは成立しないビジュアルの領域。

商品を使った仕上がりを伝えるビジュアルで、いかに多くの人たちの心をつかみ購買につなげることができるか。美容・化粧品の場合には、モデルやタレントを起用した人物写真だけでなく、商品その物の写真も合わせて魅力的に撮影することが絶対条件になります。また、フルCGによる表現が簡単にはできない領域であることも、撮影に重きを置く理由のひとつ。パールのきらめく目元や1本1本なびく艶やかな髪、グラデーションで広がる微細なパウダーなど、フルCGではなかなか成立しないのです。

Beauty & Cosmetic:写真02

フォトグラファー×レタッチャーによる最強タッグ。

アマナでは、30年以上にわたって美容・化粧品と向き合い、品位を感じさせるラグジュアリーなビジュアルで高い評価をいただいてきました。その制作を導いてきたのが、フォトグラファーとタッグを組んで行うハイクオリティーなレタッチ技術です。撮影の現場にはレタッチャーが立ち会い、その場で切り抜き合成やトーン調整などを行ってシミュレーション。メインカット以外にその後のレタッチ作業で必要な素材もその場で撮影します。撮影時からチームワークを発揮することで、最終的なイメージに確実に到達できます。

Beauty & Cosmetic:写真03

オーダーメイドだからこそ万全の体制で。

人物カットでのレタッチの基本は、撮影した素材のトーンはそのままに、肌のシワやシミ、荒れをキメのあるナチュラルな美肌に仕上げること。しかし、撮影のシチュエーションはカットごとに異なり、被写体の顔もそれぞれで、もちろんその時々で美の基準も変わっていきます。月間で約250件ものレタッチを手がけるアマナの制作会社「RIZING(ライジン)」は、約100名の体制で、そのすべてがオーダーメイドの制作に臨んでいます。万全の体制だからこそ発揮できる、レタッチャー一人ひとりの高度なスキルがあります。

この取り組みに関するお問い合わせはこちら