LOADING

CORPORATE企業情報

1. コンプライアンスへの取組み

アマナグループは、コンプライアンスの徹底を経営の最重要課題の一つとして位置づけ、あらゆる法令やルールを厳格に遵守し、社会的規範にもとることのない誠実かつ公正な企業活動の実践を図り、顧客、株主、地域社会などからも広く信頼されることを目指します。そして、この決意を実践していくための第一歩(指針)として、またアマナグループの理念を実践するために遵守する倫理上の規範として「アマナグループの企業行動規範」を定めました。
企業行動規範の構成は以下の通りです。

  1. Ⅰ アマナグループの経営理念
  2. Ⅱ アマナグループの基本方針
  3. Ⅲ アマナグループ社員の行動指針
  4. Ⅳ アマナグループ社員のマナーガイドライン

2. コンプライアンス推進の仕組み

アマナグループのコンプライアンス推進の中心組織として、代表取締役社長を委員長とする「コンプライアンス統括委員会」を設置し、実務を担当する「コンプライアンス委員会」および「コンプライアンス事務局」を設けました。 更に、各事業部署・室、グループ会社ごとに「コンプライアンス責任者」を任命し、日々の業務の中でのコンプライアンスを推進する体制を整備しました。
そして、社員一人ひとりに「コンプライアンス・マニュアル」を配布し、実践計画となる「コンプライアンス・プログラム」を策定しました。
具体的な活動内容は、社内におけるポスター掲示や、部門単位で行う「コンプライアンス勉強会」、勉強会をサポートする「コンプライアンス・セミナー」のネットでの映像配信、メールでの「コンプライアンスニュース」の配信等です。
これらの活動を通じて、全社員にコンプライアンスを徹底する継続的な取組みを行っています。
また、コンプライアンス経営をより強化する体制構築のため、社内担当者、および社外の弁護士事務所に窓口(ホットライン)を置いた「内部通報制度」を採用しております。
アマナグループ社員一人ひとりがコンプライアンスの意識を高め、安全・安心な企業活動に邁進してまいります。

3. 基本方針

アマナグループの経営理念を実践するための基本方針を定め、経営および業務上の各種決定や行動する際の指針とします。

1.社会
アマナグループは、社会との共存を図るために、社会との相互理解を深め、信頼関係を築くとともに、地域に貢献する事業経営を目指します。
1.顧客
アマナグループは、顧客の多様化したニーズに対応するために、「顧客ニーズのビジュアルに係わる問題解決」から、もう一歩踏み込んだ、「ビジュアルコミュニケーションに係わるすべてについて一貫したソリューションを提供する」ことを目指します。
1.株主
アマナグループは、常に経営の透明性を保つとともに、すべての経営資源を集結し、経営基盤の強化と事業の安定的な発展を図り、株主の長期的な利益の確保を目指します。
1.社員
アマナグループは、社員にとって「自己実現」の場であり、「何をやってきたのか」ではなく「何ができるのか」が重要であり、創造性や専門性への挑戦や自己研鑽による資質の向上を通して、自信と働く喜びと誇りを共感できる企業風土の醸成を目指します。
1.法令順守
アマナグループは、あらゆる法令やルールを厳格に遵守し、社会的規範にもとることのない、誠実かつ公正な企業活動を遂行することを目指します。

4. アマナグループ社員の行動指針

役員および社員一人ひとりが日々守るべき基本的な行動基準を、より具体的に定めた行動指針です。

    • 社会貢献
      私たちは、社員一人ひとりが社会貢献を考え行動します。
    • 地域社会尊重
      私たちは、その地域社会の文化や規範を尊重し、地域の発展に貢献します。
    • 地球環境
      私たちは、身近にある環境問題に対応し行動します。
    • 誠実さ
      私たちは、顧客に対して常に謙虚な姿勢を失わず、適切な説明と誠実な営業活動を行います。
    • 安全・安心
      私たちは、私たちの商品・サービスを使ってくださる方々へ、安全と安心をお届けします。
    • クオリティ
      私たちは、顧客のニーズを反映した、適切で質の高い商品を提供します。
    • 経営の透明性
      私たちは、積極的に情報を開示して、透明性の高い経営を実現します。
    • 株主利益
      私たちは、事業活動を通じて健全な利益を生み出します。
    • 説明責任
      私たちは、企業活動の説明責任を負い、その理解を促進します。
    • 人権尊重
      私たちは、職場における差別、セクハラ、いやがらせ等の人権侵害行為を排除します。
    • 誇り
      私たちは、いずれの職場にあっても会社と仕事に誇りをもち前向きに取り組みます。
    • 自己責任
      私たちは、一人ひとりが担うべき結果について責任を果たします。
    • 安全確保
      私たちは、職場の防犯・防災に努め、安全を確保するとともに、快適な職場環境作りに努めます
    • 法令順守
      私たちは、関係法令の遵守はもちろん、社会的な良識を備えた企業活動を進めます。
    • 反社会的勢力の排除
      私たちは、市民社会の秩序や安全に脅威を与える反社会的勢力とは一切の関係をもちません。
    • 会計報告
      私たちは、適正な会計基準に則り、会計報告に虚偽等がないように努めます。
    • コスト意識
      私たちは、会社財産を守るため常にコスト意識を持ち、所定のルールに基づいた適正な管理をします。
    • 公私峻別
      私たちは、会社の資産を私的用途に流用する等、業務目的以外には使用しません。
    • セキュリティー
      私たちは、顧客やお取引先の機密情報がほかに漏れないよう常に適切な管理を行います。
    • 私的使用の禁止
      私たちは、企業情報を会社の業務に関してのみ使用し、自己または第三者のために使用しません。
    • モラル
      私たちは、インサイダー取引となる株式等の売買は行いません。
    • 機密保持
      私たちは、インサイダー取引を防止するため、アマナおよびお取引先等の未公開の重要事実を厳重に管理します。
    • 知的財産権の保護
      私たちは、業務上のあらゆる場面において、他社が持つすべての知的財産権を侵害しません。同時にアマナグループが持つ知的財産権の保護に努めます。
    • 知的財産権の帰属
      私たちは、業務に関連して創作された知的財産は、すべて会社に帰属するものとします。
    • 社内ルールの遵守
      私たちは、社内ルールを遵守し適正に業務を遂行します。
    • 業務改善
      私たちは、業務の重要性や効率性に応じた社内ルールの整備・改善に心がけ、常に見直しします。
    • 内部統制
      私たちは、事業の目的を達成するうえで、リスク管理が極めて重要であることを認識し、常に、リスクを適正に管理できる有効な内部管理体制を構築します。
    • 節度あるグループ取引
      私たちは、グループ会社間の協力・取引においては、一定の節度を保ち、第三者から疑義を受けるような行動は行いません。
    • 健全性
      私たちは、常にグループ全体の健全性を図ることを心がけます。

5. アマナグループ社員のマナーガイドライン

  • 1.期待を裏切らない、予想を裏切る
    感動を与える
  • 2.1時間「しか」ないより、1時間「も」ある
    集中する
  • 3.イメージできる未来は、現実にある
    計画する
  • 4.できると信じるだけで、可能性は上昇する
    自信をもつ
  • 5.誰かと比べない。昨日の自分と比べる
    自己新記録を重ねる
  • 6.どこにもないなら、つくればいい
    前例を生みだす
  • 7.「伝える」と「伝わる」はまったく違う
    確実に伝達する
  • 8.約束の時間が過ぎるほど、信頼は失われていく
    5分前にはそこにいる
  • 9.服装は、いちばん外側のあなただ
    第一印象を大切にする
  • 10.オフィスは、その会社の表現のひとつだ
    環境にこだわる
  • 11.本を読め、時代を読め、空気を読め
    感性を澄ます
  • 12.努力は、ある日、実力に変わる
    自分から学ぶ
  • 13.して欲しいことを、してあげられる人になる
    思いやる
  • 14.「ギブ」が先、「テイク」は後
    Give & Takeを忘れない
  • 15.ゴールは、スタートになっていく
    前進しつづける

6. 自己実現を可能にするワークスタイル

社名である「アマナ」は、日本古代の言葉で森羅万象における「創造の源」を意味しています。 アマナの「クリエイティブスピリット」を表現すると共に、「amana」という語の中心に「man」があることから 「人が中心である」という意味を込めています。 「人が中心(まんなか)であるアマナ」は社員がお互いの多様性・価値観を重んじ、 その能力を最大限に発揮できる自己実現の場として、柔軟な働き方を可能とする諸制度を導入しております。

  • アマナのコーポレートミッションは「ビジュアルコミュニケーションで世界を豊かにする」です。「ビジュアルの制作・販売」及び「コンテンツの企画制作」を主たるサービスとしてクライアントの皆様に様々なビジュアルソリューションを提供する為、多種多様な価値観をもつ人材がその力を存分に発揮することにより、社員が成長し、自己実現を可能とするワークスタイルの実現に注力してまいります。

  • 女性が仕事をする上でその能力を十分に発揮し、活躍でき、自己実現を可能とする為、アマナでは次のような目標と行動計画を策定しています。

    <目標>

    有休取得:有給休暇取得率の10ポイント増


    <行動計画>

    所定外労働の削減
    有休取得の奨励
    管理職への労務管理教育
    短時間勤務制度・在宅勤務等、実施している両立支援制度の周知

    <実施期間>

    平成28年4月1日 〜 平成31年3月31日
    ※目標達成までの行動計画推進期間

  • 子育てをする社員に対し、子が小学校に入学まで1日最大3時間まで勤務時間を短縮させる制度を設けています。時短の時間に応じて、給与及び業務を決定しますので、育児や介護などのライフステージにあわせた柔軟な働き方が可能です。

  • 定年を迎えた社員も「嘱託社員」として65歳まで再雇用し、今まで培った知識・経験を後進に伝える役割を担っていただくとともに、活躍できるステップを用意しています。

TOP