LOADING

プレスリリース

2022.12.13

『IMA』主催フォトコンペティション受賞者によるグループ展示
新宿 北村写真機店で12月17日(土)より開催

 コミュニケーション変革をクリエイティブで実現する株式会社アマナ(本社:東京都品川区、代表取締役社長 兼 グループCEO 進藤博信、以下「アマナ」)にて、“LIVING WITH PHOTOGRAPHY”をコンセプトに、雑誌、オンラインなど多角的にアートフォトを発信する『IMA』は、この度、「IMA next」グランプリ受賞者によるグループ展「IMA next EXHIBITION 02 受賞作品展」を、12月17日(土)より新宿 北村写真機店にて開催します。

 
齋藤裕太氏《世界のような何か》
 
 
 アート写真プロジェクト『IMA』が主宰する「IMA next」は、次世代の写真家を発掘し支援するグローバルフォトコンペティションとして、2019年6月よりオンラインにてスタート。毎月写真界の著名人を審査員に招き、ひとつのテーマを掲げ、プロ・アマ問わず広く作品を募集しています。
 本作品展では、2022年に実施した「IMA next」グランプリ受賞者7名が参加。前期・後期と会期を分け、以下の各作家がグランプリ受賞作品を基軸に、多様な展示をいたします。
 

▼前期参加グランプリ受賞作家
第28回「OTHER HISTORIES」(審査員:Simon Baker)
宮田恵理子氏
https://ima-next.jp/entry/other-histories/


宮田恵理子氏《disguise》
 

第29回「SMARTPHONE」(審査員:姫野希美)
片上久也氏
https://ima-next.jp/entry/smartphone/


片上久也氏《dementia diaries》


第31回「CHILDREN」(審査員:横浪修)
大町晃平氏
https://ima-next.jp/entry/children/


大町晃平氏《moon echo》


▼後期参加グランプリ受賞作家
第27回「OPEN CALL」(審査員:IMA編集部)
余宮飛翔氏
https://ima-next.jp/entry/open-call/

余宮飛翔氏《Ridiculous beyond the point of emptiness.》


第32回「FASHION」(審査員:水谷太郎)
堤智世氏
https://ima-next.jp/entry/fashion/


堤智世氏《痕跡》


第33回「UNREAL/REAL」(審査員:本城直樹)
齋藤裕太氏
https://ima-next.jp/winners/unreal-real/something-like-a-world/


齋藤裕太氏《世界のような何か》


第34回「Photographs as Paintings」(審査員:鈴木理策)
中田拓法氏
https://ima-next.jp/entry/photography-and-painting/


中田拓法氏《ガーベラ、向日葵とレインボーマム》


▼展覧会概要
タイトル:「IMA next EXHIBITION 02 受賞作品展」
会  期:前期2022年12月17日(土)~2023年1月2日(月)
     後期2023年1月4日(水)~1月16日(月)
時  間:10:00~21:00 (12月31日は18:00まで、1月1日のみ休業)
会  場: 新宿 北村写真機店6階Space Lucida
住  所:〒160-0022 東京都新宿区新宿3丁目26-14)
入  場  料:無料
問  合  せ:imanext@imaonline.jp


▼「IMA next」とは
https://ima-next.jp/
 「IMA next」とは、2019年6月よりスタートしたオンライン・フォトコンペティションです。毎月ひとつのテーマを掲げ、プロ・アマ問わず広く作品を募集します。応募作品は、そのテーマにふさわしい1名のゲスト審査員が評価し、ショートリスト数名とグランプリ1名を選出します。優秀作品には賞が贈呈されるほか、雑誌『IMA』や『IMA ONLINE』への作品掲載、企画展での展示など様々なチャンスを与えられます。
 「IMA next」は、次世代の写真家を発掘し支援するグローバルフォトコンペティションとして、すべての写真表現者にとって、世界に羽ばたくきっかけを見つけるためのプラットフォームを目指します。

このニュースをシェアする