LOADING

プレスリリース

2022.11.24

「明治日本の産業革命遺産」魅力発信年間プロジェクトを推進
第一弾はフォトコンテスト、全国23の構成資産の写真作品を募集
〜賞品は10万円分の旅行券とSNSや全国主要駅での交通広告等への展開〜

 コミュニケーション変革をクリエイティブで実現する株式会社アマナ(本社:東京都品川区、代表取締役社長 兼 グループCEO 進藤博信、以下「アマナ」)は、2022年より「明治日本の産業革命遺産」世界遺産協議会と共に、「明治日本の産業革命遺産 製鉄・製鋼、造船、石炭産業」の魅力発信を推進する年間プロジェクトを開始しました。
このたび、同プロジェクトが手がけるプロモーション施策の第一弾として「明治日本の産業革命遺産フォトコンテスト」を開催。全国に点在する23の構成資産*を対象に、参加者それぞれの感性で捉えた写真作品を募集します。

*構成資産とは、1つの世界遺産として共通の価値を有し、構成するさまざまな資産のことです。
 

 アマナグループでは、全国の地方自治体の地域活性をサポートするための専任チームを組織化し、さまざまな魅力発信事業に参画しています。プロモーションの企画をはじめ、共感性の高いビジュアル表現のコンサルティングや制作のサポートなど、コミュニケーションデザインによるパートナー活動を展開中です。
 そして明治日本の産業革命遺産」は、2015年に世界遺産に登録されてからまもなく10周年を迎えます。節目となる2025年に向けて、「明治日本の産業革命遺産」世界遺産協議会とアマナは「価値の多層化」をコンセプトに複数の施策を実行してまいります。
 
 フォトコンテストはこうした活動の一環として開催されるイベントです。さまざまな感性で切り取られた写真を通じて世界遺産の魅力を再発見すると共に、今後実施予定の新たなコミュニケーションにつなげることを目指します。

【「明治日本の産業革命遺産」について】
「明治日本の産業革命遺産 製鉄・製鋼、造船、石炭産業」は2015年7月に世界文化遺産に登録されました。8県11市に点在する23の構成資産が、1つの世界遺産として普遍的価値を有しています。明治以降の日本の近代化において重要な役割を果たした産業遺産群であり、 19世紀後半から20世紀初頭にかけてわずか50年余りの短期間で産業化を成し遂げた、世界でも類を見ないプロセスを物語るものです。

【「明治日本の産業革命遺産フォトコンテスト」について】
 誰もが応募できるオンラインの写真コンテストです。応募テーマは「つなぐ」。「明治日本の産業革命遺産」は、全国23の構成資産全体で1つの世界遺産であり、現在稼働中の資産も含まれます。100余年の歴史を今もなお語り続け、エリアや時代を超えて“つながる”、遺産を表現する作品を募集。プロ・アマ問わず、愛機で撮影した渾身の自信作から、思いがけずスマホで上手に撮れた写真まで、気軽にご応募いただけます。コンテストの優秀作品には旅行券などの賞品のほか、SNSや全国主要駅での交通広告等への採用を予定しています。

▼開催概要
イベント名称:「明治日本の産業革命遺産フォトコンテスト」
開催期間  :2022年12月1日(木)から2023年2月28日(木)
撮影対象  :全国8県11市に点在する23の構成資産
       ※一部現在撮影ができない場所もございます。詳細はWebサイトをご確認ください。
応募テーマ :「つなぐ」
応募費用  :無料
賞品    :最優秀賞〈1作品〉旅行券10万円分
       優秀賞〈2作品〉旅行券 5万円分
       エリア賞〈8作品〉入賞エリアの特産品詰め合わせ(15,000円相当)
審査員   :「明治日本の産業革命遺産」世界遺産協議会、山村健児(フォトグラファー)、高橋草元(株式会社アマナ・フォトグラファー)
主催    :「明治日本の産業革命遺産」世界遺産協議会
お問合せ先 :「明治日本の産業革命遺産」世界遺産協議会事務局(鹿児島県世界文化遺産室)info@photocon-jmir.com
Webサイト : https://photocon-jmir.com/

※イベントの内容や賞品は予告なく変更になる場合があります。

▼審査員
・「明治日本の産業革命遺産」世界遺産協議会
世界文化遺産「明治日本の産業革命遺産 製鉄・製鋼、造船、石炭産業」の管理保全及び理解増進・情報発信を推進するための組織です。
*構成自治体(8県11市)
福岡県(北九州市、大牟田市、中間市)、佐賀県(佐賀市)、長崎県(長崎市)、熊本県(荒尾市、宇城市)、鹿児島県(鹿児島市)、山口県(萩市)、岩手県(釜石市)、静岡県(伊豆の国市)
 
山村健児(フォトグラファー)
アメリカのカリフォルニア州にあるビッグ・サーにて、1枚のポストカードに 魅せられて風景写真を撮り始めたのが 2013 年1月。以来、日本は47都道府県、アメリカ、北欧、そしてニュージーランドなど世界を飛び回りながら絶景を撮影し、現在も撮り続けている。また、風景写真に必要な 3 つのレシピ「いつ・どこで・何が撮れるのか」を共有する写真サービス PASHADELICを創業。SNSでは15 万人以上のフォロワーがおり、インフルエンサーとしても活躍している。
 
・高橋草元(フォトグラファー)
株式会社アマナ所属。大学ではデザインやプログラミングを学び、趣味で始めた写真に魅了され、毎日スナップ写真を撮影する日々を過ごす。アマナに入社後、スタジオでのライティング技術を学び、大学で得た幾何学的な視点とスナップ写真で培った感覚的な要素を強みとし、現在は人物撮影と物撮りを軸に活動中。
 
【構成資産について】
▼萩
1-1萩反射炉(山口県萩市)
1-2恵美須ヶ鼻造船所跡(山口県萩市)
1-3大板山たたら製鉄遺跡(山口県萩市)                         
1-4萩城下町(山口県萩市)
1-5松下村塾(山口県萩市)
 
▼鹿児島
2-1旧集成館|旧集成館反射炉跡、旧集成館機械工場、旧鹿児島紡績所技師館(鹿児島県鹿児島市)
2-2寺山炭窯跡(鹿児島県鹿児島市)
2-3関吉の疎水溝(鹿児島県鹿児島市)
 
▼韮山
3-1韮山反射炉(静岡県伊豆の国市)          
                 
▼釜石
4-1橋野鉄鉱山(岩手県釜石市)
 
▼佐賀
5-1三重津海軍所跡(佐賀県佐賀市) 
                               
▼長崎
6-1小菅修船場跡(長崎県長崎市)         
6-2三菱長崎造船所 第三船渠(長崎県長崎市)
6-3三菱長崎造船所ジャイアント・カンチレバークレーン(長崎県長崎市)
6-4三菱長崎造船所 旧木型場(長崎県長崎市)
6-5三菱長崎造船所 占勝閣(長崎県長崎市)    
6-6高島炭坑(長崎県長崎市)
6-7端島炭坑(長崎県長崎市)                                       
6-8旧グラバー住宅(長崎県長崎市)
 
▼三池
7-1三池炭鉱・三池港|宮原坑(福岡県大牟田市)、万田坑(熊本県荒尾市)、専用鉄道敷跡(福岡県大牟田市、熊本県荒尾市)、三池港(福岡県大牟田市)
7-2三角西港(熊本県宇城市)  
                                                                         
▼八幡
8-1官営八幡製鐵所|旧本事務所、修繕工場、旧鍛冶工場(福岡県北九州市)  
8-2遠賀川水源地ポンプ室(福岡県中間市) 
 

      


【株式会社アマナについて】
 1979年に広告写真の制作会社として設立。スチールや動画 (TVCM、WEB動画)、CG(レタッチ、3DCG、アパレル CG)といったビジュアルのコンセプト企画からアウトプットにいたるまで、ワンストップでプロデュース・提供する国内最大規模の制作会社へ事業を拡大。2004年に株式公開。現在は、豊富なクリエイティブ資源や、年間 20,000 件にのぼる事例のナレッジを活用し、企業の課題や価値を抽出、コミュニケーションの質と量を変革させるビジュアルコミュニケーション事業に取り組んでいます。さらに、アマナが独自に開発した商材(ソリューション)を組み合わせることで、企業のコミュニケーション施策や DX(デジタルトランスフォーメーション)推進をサポート、クライアントと共に企業の価値を高めるプロジェクトを数多く手掛けています。

このニュースをシェアする

メールでのお問い合わせはこちら