LOADING

イベント

2019.10.23

<10月25日(金)開催>
謎に包まれた、イスラエルのアート&カルチャーに迫る


©Dor Kedmi 

登壇者:
アナット・サフラン(エルサレム・デザイン・ウィーク/アートディレクター)
アリエ・ロゼン(駐日イスラエル大使館/文化・科学担当官)
新村卓宏(FIGLABテクニカルディレクター/マネジャー)
横山徹(FIGLABテクニカルディレクター/プログラマー)

“東京の街全体がミュージアムになる10日間”をコンセプトに、世界中のインテリア・アート・ファッション・フードが東京に集結する日本最大級のデザイン&アートフェスティバル「DESIGNART TOKYO(デザイナート・トーキョー)」が10月18日から開催されます。
2019年の今年は、デザイナート・トーキョーが6月に行われた「エルサレム・デザイン・ウィーク(JDW)」へ出展したことをきっかけに関係性を高めていたイスラエルを、パートナーカントリーとして選定。

西洋と東洋、聖と俗、歴史と革新の異なる要素が溶け合う場所として、独特のデザインやアートのDNAを育んできたイスラエル。近年ではスタートアップ大国としてビジネスシーンで大きな注目を集めていますが、イスラエルには約200もの博物館や美術館が点在し、街なかには多数のイベントスペースやグラフィティがある、アートと深い関係をもつ国でもあります。それだけアートが根付いたイスラエルですが、その情報が日本に届きにくいのも事実で、日本人にとって謎のベールに包まれていると言えるかもしれません。

今回のトークセッションでは、JDWと本展のイスラエル人キュレーターであるアナット・サフランさんと、駐日イスラエル大使館の文化・科学担当官であるアリエ・ロゼンさんが登壇。そしてJDW 2019への出展を果たした、アマナデザインのクリエイティブラボ「FIGLAB」のマネージャーの新村卓宏とテクニカルディレクターの横山徹が、今回の展示作品の見所について紹介するとともに、魅惑的なイスラエルのアートと文化を解き明かします。

[ ACCESS ]
スパイラルガーデン(スパイラル 1F)
〒107-0062  東京都港区南青山5-6-23
https://www.spiral.co.jp/access

*今回のエイチのイベントは青山「スパイラルガーデン」での開催です。amana squareではありませんので、お間違いのないようお越しください。また今回はオープンスペースである展示会場内での開催となるため、お席を優先的に確保いただける席として特別価格(1,000円)にてご参加いただけます。イスラエルアート作品のなかで行われるトークショーをぜひお楽しみください。

「FIGLAB」の展示作品については、下記にて詳細をご覧ください。
https://amana.jp/news/detail_472.html

〔イベント概要〕
「謎に包まれた、イスラエルのアート&カルチャーに迫る」
日  時 2019年10月25日(金)19:00~20:30
会  場 スパイラルガーデン(スパイラル 1F)
料  金 1,000円
定  員 40名(先着順)
申込締切 2019年10月25日(金)12:00

※当日は開始の30分前の時間より開場致します
※トークイベントの録音はご遠慮願います
※定員に達し次第、募集を締め切らせていただきます
※キャンセル待ちは空きがでましたら、随時Peatixで募集いたします
イベント詳細および申し込みはこちらから


ヒト・コト・ミライが交差するリアルプレイス「H(エイチ)」

ビジュアルコミュニケーションで社会に貢献する株式会社アマナでは、自社で運営する6つのこだわりメディア『IMA』『MilK』『料理通信』『NATURE & SCIENCE』『Premium Japan』『otocoto』と、2つの写真家コミュニティーサイト『xico』『PASHADELIC』それぞれに、独自の切り口で洗練されたコンテンツをお届けしています。

これらのメディアが集まり、ウェブとリアルが連動する新しいメディアが「H(エイチ)」。各メディアと深いかかわりを持つ方々をお招きしたトークイベントやワークショップなどを開催し、ビジネスシーンにおける課題解決のヒントや、アイデアの種を探る場として、さまざまなコンテンツを発信しています。

このニュースをシェアする