LOADING

お知らせ

2019.06.10

〜近畿大学バーチャルYouTuber制作・学生プロジェクト〜
コンテンツマーケティングを学ぶ近畿大学『VRスクール』
講師陣にはアマナ「異次元」執行責任者も!

 さまざまなビジュアルコミュニケーション事業を展開する株式会社アマナ(本社:東京都品川区、代表取締役社長 進藤博信、以下「アマナ」)の新オタクビジネス部署『異次元』の執行責任者であるハッシー橋本は、この度、近畿大学による教職員、企業、地域住民と協働しながら、新たな社会価値を生む試みを仕掛けていく「アカデミックシアターACTプロジェクト」の『VRスクール』に講師として参加。タレントやキャラクターを起用した様々なクリエイティブ制作を手掛けてきた経験から、アマナ『異次元』を立ち上げたハッシー橋本独自のプランニングテクニックやノウハウなど、コンテンツマーケティングを研究する『VRスクール』の学生に向けて特別講義を行う一方、同研究室にて行うコンテンツ制作をバックアップします。


 

 

▼『VRスクール』とは 

 アニメ、ゲーム、YouTuberなど、昨今拡大傾向にあるサブカルチャーを中心としたコンテンツマーケティングを研究。近年爆発的に拡大している「バーチャルYouTuber」をコア体験装置として、キャラクター設定や番組制作、VRシステムを使用した配信作業、またSNSとの連動による動画発信方法など、制作から運用までの一連の作業を実践的に学びながら、最先端のコンテンツマーケティング知識を深めることができます。バーチャルYouTuber完成後は、世界に向けて講義を行う予定。学生は実験的にメディアとの関わりを体験していきます。

 

▼『VRスクール』開催概要

日 時 : 令和元年(2019年)6月13日~7月11日<毎週木曜日18:30~20:00>
場 所 : 近畿大学東大阪キャンパス アカデミックシアター
      (大阪府東大阪市小若江3-4-1、近鉄大阪線「長瀬駅」から徒歩約10分)
対 象 : 近畿大学生(全学年・全学部・全研究科)
定 員 : 20~25名
講 師 : アニメ、ゲーム、ミュージックビデオなどの各分野で活躍する経験豊富な講師陣
・宮本祐輔氏((株)大広デザイナー/クリエイティブディレクター)
・赤井てら氏(イラストレーター、キャラクターデザイン)
・ハッシー橋本 など



学生は、講義を経て実際に動画配信を行います。
配信日:9月19日(木)予定

▼ハッシー橋本略歴


1977年兵庫県生まれ
放送作家、CM企画・演出を経て、現職(株)アマナ
コミュニケーション全体戦略を考えるプランナー兼クリエイティブディレクターとして、ブランディング、プロダクト開発&デザイン、CM、MV、WEB、イベント連動したプロモーションを実施。担当するクライアント企業(インフラ、自動車、家電、飲料、飲食、製菓、スポーツメーカー等)に対して出版社、レーベル、番組を組み合わせたタレントやアーティスト、キャラクターを起用したクリエイティブを提案するなど、様々なコンテンツ制作を手掛けています。また、(株)アマナの新オタクビジネス部署アマナ『異次元』にて執行責任者を務める。

▼(株)アマナの『異次元』

http://amanaijigen.com/ABOUT/index.html
日本が世界に誇るサブカルチャー(アニメ、漫画、アイドル、ボーカロイド、文学、ゲームなど)が、ネットワークの普及により、集団型から個人型へ変化。今や優秀な個人クリエイターが多岐にわたり、世界に情報を発信する時代です。そんな発信力の高い個人や集団を集め化学反応をおこし、そこにストーリー(戦略)を加えモノゴトとして発信していく。その役割として、アマナ『異次元』は存在します。コアヲタクを考えた思考性と一般波及を考えたプロモーションアイデア実行ができるため「コンテンツの作品性 & 世の中へのコトつくり!」が両軸で実行できることが特徴。“妄想”をデザインし、人と人、人と文化、文化と企業を融合させ異次元なコト化へのストーリーメイクをする集団です。

このニュースをシェアする