LOADING

プレスリリース

2019.01.28

IMAとGinza Sony Parkが提供する写真との新たな出会いの場
写真との新たな出会いの場『#005 PHOTO Playground』

 さまざまなビジュアルコミュニケーション事業を展開する株式会社アマナ(本社:東京都品川区、代表取締役社長 進藤博信、以下「アマナ」)のIMAプロジェクトは、この度、Ginza Sony Park(銀座ソニーパーク)において、“写真”の可能性を広げ、見るだけでなく新たな発見や体験ができるアートフォトの立体展示#005 PHOTO Playground』をキュレーションします。


 『#005 PHOTO Playground』~写真と出会う、写真と遊ぶ~は、年間を通して、驚きや遊び心を感じる体験型イベントやライブプログラムを実施しているGinza Sony Parkの実験的プログラムの第5弾です。「変わり続ける公園」をコンセプトとするGinza Sony Parkとのコラボレーションを通して、IMAのコンセプト“LIVING WITH PHOTOGRAPHY”(写真のある豊かな暮らし)を体感していただく機会を創出し、“写真”との新たな出会いと遊び方を提案します。

▼開催概要
#005 PHOTO Playground
~写真と出会う、写真と遊ぶ~
会 期  : 2019年2月1日(金)~3月3日(日) ※地下3階は2月27日(水)まで
時 間    : 10:00~20:00
会 場    : Ginza Sony Park GL/地上フロア、B1/地下1階~B3/地下3階
      https://www.ginzasonypark.jp/access/
入場料    : 無料
問合せ    : TEL/ 03-3740-0303(IMAプロジェクト/株式会社アマナ)、E-Mail/ imagallery@imaconceptstore.jp
URL       : https://www.ginzasonypark.jp/release/20190128/
主催       : Ginza Sony Park
キュレーション :  IMAプロジェクト/株式会社アマナ
※混雑時やシステムメンテナンスの際は、ご体験いただけないこともありますので、予めご了承ください。
※上記は予告なく変更となる場合があります。
 
 多くの人が写真をSNSで共有し、共感し合うことが日常化している一方、世代を超えてアナログ写真の価値が再評価されるなど、写真の楽しみ方が多様化しています。
 
 各フロアに集う国内外で活躍するアートフォトグラファーの作品は、Ginza Sony Parkにデザインされた“余白”を活用し、“公園”に相応しいコンセプトや仕掛けが施されています。地上フロアには、パリを拠点に活動するグラフィックアーティストのダミアン・プーランによる、高さ約4mの巨大な猫の彫刻「猫も杓子も/Catgrapher」(2018)を設置。“人が動物の写真を撮る“という日常の構図を逆手に取って、猫が人の写真を撮ることで感じる新たな感覚を体験できます。撮影された写真は、スマートフォンにダウンロードして持ち帰ることができます。
 
 また、水を湛えた池を設置し、その中に写真家・鈴木理策の「Water Mirror(水鏡)」(2017)を展示する公園らしい作品も登場するなど、額装写真という既成概念から大きく逸脱し、Ginza Sony Parkの空間にふさわしいユニークな立体展示や大型展示の形で提示され、身体的な鑑賞体験をもたらします。他にも、写真をメディアとする旬なアーティストたちの実験的でユニークな作品が一堂に介します。随所に散りばめられた体験型の作品は、全ての世代の方に楽しんでいただける展覧会です。
 
 私たちにとってより身近な存在となっている“写真”。 『#005 PHOTO Playground』では、“写真”が持つ可能性や自由度に着目し、写真の可能性を広げ、写真と遊べるプログラムとなっています。

▼出展作家・作品(※詳細は添付プレスリリースPDF資料をご覧ください)
GL/地上フロア
・ダミアン・プーラン / 「猫も杓子も/Catgrapher」 (2018)
B1/地下1階
・小池健輔(Kensuke Koike) / 「Ikebana」(2018)
B2/地下2階
・鈴木理策 / 「Water Mirror」(2017)
・関健作 / 「GOKAB」(2017)
・本城直季 / 「small planet /Yoyogi park」(2007)
・木藤富士夫 / 「公園遊具」(2015)
・小林健太 / 「REM」(2018)
B3/地下3 227日(水)まで
・小山泰介 / 「RAINBOW VARIATION」(2017)
・藤原聡志 / 「Untitled」(2019)

以上、9人の作家による作品に加えて、天井のカメラで参加者が撮影された写真を元に、スケールが変化していくオリジナル動画をスマートフォンでシェアできる体験型作品「Photo in the park」を展示します。

このニュースをシェアする

メールでのお問い合わせはこちら