LOADING

お知らせ

2018.04.11

アマナビと消防庁が「災害時等における無人航空機による情報収集活動(撮影等)に関する協定」を締結

 

 


ドローンによる空撮やパイロット養成スクール運営する株式会社アマナビは、消防庁と「災害時等における無人航空機による情報収集活動(撮影等) に関する協定」を締結いたしました。

本協定は、災害時等において無人航空機に関する必要な操縦技術等を有する民間事業者として消防庁と連携をとり、災害現場の映像や画像などを撮影し消防庁に速やかに伝送することによって、災害状況を迅速に把握することを目的としています。この度、アマナビが持つ空撮のエキスパート 「airvision(エアビジョン)」の品質の高い撮影技術、安全を重視した空撮業務の実績、機体の整備体制が認められ締結に至りました。


災害時等における無人航空機による情報収集活動(撮影等) に関する協定


今後もアマナビは、空撮サービスにのみならずドローンパイロットの育成・紹介や測量技術の提供など、ドローンを活用したサービス開発を進めて参ります。

 

このニュースをシェアする

メールでのお問い合わせはこちら