LOADING

プレスリリース

2015.11.16

<報道関係者各位>
株式会社アマナ

「KPIの設定が困難」にお応えし、効果測定の指標をスコア化 コンテンツマーケティングのKPIマネジメントプラットフォーム
- 2015年11月16日(月)『Marketing Condition Analytics』提供開始 -

 

 ビジュアル・コミュニケーション事業を展開する株式会社アマナ(本社:東京都品川区、代表取締役社長:進藤博信)は、デジタルマーケティングに強みをもつ株式会社インタレストマーケティング(本社:東京都新宿区、代表取締役:坂井光)と共同で、企業が自社メディアを通じて情報発信する際にコンテンツの訴求力を測定する『Marketing Condition Analytics(マーケティングコンディションアナリティクス、以下MCA)』を開発いたしました。2015年11月16日(月)より提供開始します。

新たなマーケティング手法『コンテンツマーケティング』が企業の情報発信を後押し

 昨今、デジタルメディアの普及も進み、企業が顧客と直接コミュニケーションをとる機会が増えています。特に2014年は「コンテンツマーケティング」元年と言われており、オウンドメディアと呼ばれる自社メディア(コーポレートサイトやキャンペーンサイト、情報サイト)を通じて、顧客の興味関心を惹くコンテンツ発信を行う新たなマーケティング手法に注目が集まっています。こうした動きの中で、コンテンツがどれだけ読まれ関心を持たれているのか把握し、改良を重ねていくことが重要な課題となっています。

コンテンツの訴求力を測るKPIを独自に開発

 これまでオウンドメディアの運用担当者は、「PV数」や「滞留時間」などの指標によって訪問者の行動パターンを分析し改善することが一般的でしたが、『MCA』ではオウンドメディア上で実施するアンケート調査による定性データと、ウェブ上での行動データを掛け合わせ独自のスコアを算出しウェブサイトやコンテンツを評価します。人の感覚的要素を取り入れた定性データによって、よりリアルな効果を測ることできます。従来の分析手法では、分析する人の主観によって結果が変わるケースがありましたが、『MCA』では独自スコアで客観的な結果を出すことができ、同時に分析にかかる時間を短縮することができます。また、専門知識が無い方でも、『MCA』の独自スコアをKPIに設定することによって簡単に効果測定でき、分かりやすくシンプルな画面デザインによって直感的な操作が可能です。継続的に発信するコンテンツ毎の訴求力の測定、さらには新たなコンテンツ開発を行う時やサイトリニューアル時にも最適です。
 
 アマナは、ビジュアルを活かしたコンテンツ制作の実績やノウハウを活かし、昨今のコンテンツマーケティング需要に応えるべく、本サービスを軸にあらゆるコンテンツサービスをご提供していきたいと考えています。

■  『Marketing Condition Analytics』について




名称:                    Marketing Condition Analytics(マーケティングコンディションアナリティクス)
サービスサイト:     http://mca.amana.jp
提供開始日:              2015年11月16日(月)
                                ※価格や導入フローの詳細は、http://mca.amana.jpをご覧ください
 
定性データ×定量データ
以下4つの独自スコアの合算を行い、マーケティングスコアとして総合スコアを表示します。
クリエイティブ好感度:   サイトの世界観、デザインについてのアンケート結果をスコア化
興味:                           ブランドや商品に興味をどの程度持ったかをスコア化
行動意向:    ブランドや商品を利用したい、購入したいと感じたユーザーの割合をスコア化
推奨:                           友人などにブランドや商品を進める可能性をスコア化
 
-定量データ
読了率:                        対象ページを読まれた割合
再来訪数:                  対象ページへの再訪数
ユーザー数:                  対象ページに来訪した人数
セッション数:                  対象ページへの訪問数
成果達成数:                  設定目標(CV)の達成数
 
-定性データ
アンケート回答者の「人数」「性別」「年代」「居住地」が基本項目となった回答者の属性が表示され、居住地は県単位でも表示できます。
ブランド認知:                 「自社の商品・サービスを事前に知っていたかどうか」の割合
ブランドロイヤリティ:   「自社の商品・サービスを購入・利用したことがあるかどうか」の割合


■ インタレストマーケティング会社概要
会社名                       株式会社インタレストマーケティング
主な事業                   システムインテグレーション事業
                                大手プレイガイド・ソーシャルチケットサービス開発、電子チケットサービスの開発
                                スマートフォン向けネイティブアプリ・Webサービス開発
所在地                      東京都新宿区新宿2-3-15 大橋御苑ビル9階
代表者                      代表取締役 坂井光
URL                          http://interest.marketing/  
Facebookページ        https://www.facebook.com/interest.marketing.inc  

【株式会社アマナ 会社概要】
代表者          代表取締役社長 進藤博信
所在地          東京都品川区東品川2-2-43
設立            1979年4月
資本金          10億9,714万円
証券コード        東証マザーズ2402
売上高           (連結)209億66百万円 ※2014年度12月期実績
従業員数         (単体)446名/(連結)1,064名 ※2015年4月1日現在
事業内容         ビジュアル・コミュニケーション事業
URL            http://amana.jp/company/

このニュースをシェアする

メールでのお問い合わせはこちら