LOADING

お知らせ

2019.06.14

展覧会「安藤忠雄:挑戦」のご案内
〜建築家・安藤忠雄のポートフォリオ最新作『ANDO BOX V』の発表・展覧会〜

 さまざまなビジュアルコミュニケーション事業を展開する株式会社アマナ(本社:東京都品川区、代表取締役社長 進藤博信、以下「アマナ」)はこの度、世界最高レベルのプラチナプリントを企画・制作するアマナサルト(amanasalto)による建築家・安藤忠雄のポートフォリオ最新作『ANDO BOX V』の展覧会「安藤忠雄:挑戦」に協力します。

▼「安藤忠雄:挑戦」展覧会概要

 
日 時 : 2019年6月8日(土)~6月20日(木)10:00~22:30
場 所 : GINZA ATRIUM(東京都中央区銀座6-10-1 GINZA SIX 6F銀座 蔦屋書店内)
入 場 : 無料
主 催 : 銀座 蔦屋書店
協 力 : 安藤忠雄建築研究所 | アマナサルト(http://amanasalto.com/
会場構成: 坂山毅彦(銀座 蔦屋書店建築コンシェルジュ)
 
 今回のポートフォリオ集『ANDO BOX Ⅴ』は、安藤忠雄氏が深い情熱をかけて構想した『中之島プロジェクトII【地層空間】』に焦点を当て、安藤氏が描いた10 メートルもの長さにおよぶドローイングを、高精細のプリント技術で再現したものです。
 
 大阪中心部を流れる大川の中州、中之島。両側を川に挟まれた島内には市役所や図書館、公会堂など、旧くから地域の文化、行政の中枢を担う施設が建ち並ぶ。『地層空間』とは、この島全体を一大文化ゾーンとする構想です。本作品の発表にあたって安藤氏は「既存の歴史的景観、緑溢れる都市公園の雰囲気はそのままに、島そのものを文化複合体へと再生する ― 誰に頼まれたわけでもない、自主提案であったがゆえに、構想はどこまでも膨らんだ。」と述べています。
 
 この機会に、安藤忠雄氏のポートフォリオ最新作をお楽しみください。
※安藤忠雄氏の限定サイン本もご用意があります。

 

▼安藤 忠雄(あんどう ただお)氏略歴

1941年大阪生まれ。独学で建築を学び、1969年安藤忠雄建築研究所設立。

代表作に「光の教会」「ピューリッツァー美術館」「直島・地中美術館」など。1979年「住吉の長屋」で日本建築学会賞、1993年日本芸術院賞、1995年プリツカー賞、2005年国際建築家連合(UIA) ゴールドメダル、2010年ジョン・F・ケネディーセンター芸術金賞、後藤新平賞、文化勲章、2013年フランス芸術文化勲章(コマンドゥール)、2015年イタリアの星勲章グランデ・ウフィチャ―レ章、2016年イサム・ノグチ賞など受賞多数。1991年ニューヨーク近代美術館、1993年・2018年にパリのポンピドー・センターにて個展開催。イェール、コロンビア、ハーバード大学の客員教授歴任。1997年から東京大学教授、現在、名誉教授。


 

このニュースをシェアする