LOADING

プレスリリース

2018.03.26

ミラノデザインウィーク期間中
イタリア・ミラノにて日本人写真家の展覧会開催
石原逸平「Transtorieta / utsuroi」写真展
2018年4月10日〜6月11日

 食に特化したビジュアルコミュニケーション事業を展開する株式会社ヒュー(本社:東京都港区 代表取締役社長:大手仁志、以下 ヒュー)は、ミラノサローネとミラノデザインウィーク開催期間である2018年4月10日〜6月11日に、ミラノのフラワービストロ“ポタフィオーリ”(Via Salasco 17, 20136 Milan, Italy)にて、所属フォトグラファー石原逸平による写真展「Transtorieta / utsuroi」を開催いたします。

 「Transtorieta / utsuroi」は、石原逸平が2014年頃から撮り続けている、日本の骨董と草花や料理を撮影したシリーズです。「うつろいゆく瞬間の記録」をテーマに、時代を超え人の手から手へと渡ってきた骨董と、この一瞬を生きる花や料理の儚さの対比を美しく写し、高い評価を得ています。
 本写真展をプロデュースするのは、トップクリエイターを世界中でマネジメントしているミラノのクリエイティブエージェンシー“MOFO”です。MOFOは石原逸平の感性を高く評価し、日本人としては二人目となるアーティスト契約を結び、本写真展が実現しました。これを機に、同シリーズの最新作を発表します。
 会場となるのは、ミラノで話題のフラワービストロ ポタフィオーリに併設されたポタギャラリー。ミラノサローネとミラノデザインウィーク期間中に開催され、デザイン関係者、クリエイティブ関係者に多く触れていただける機会と期待しています。


■ 石原逸平「Transtorieta / utsuroi」写真展 概要
期間:2018年4月10日(火)〜6月11日(月)
時間:月〜土/9時〜23時45分・日曜/17時〜23時45分
場所:POTAFIORI(ポタフィオーリ) Via Salasco 17 a Milan, Italy Tel. 0039-0287065930
※ オープニングレセプション(事前予約制)は4月10日(木)18時〜20時
  レセプションへの参加にご興味ある方は、info@hue-hue.comへ4 月5 日(木)までにご連絡ください。


石原逸平 プロフィール

1976年生まれ、北九州出身。2003年よりアマナグループに所属。食に特化した撮影スタジオ「ヒュー」で、広告を中心とした撮影を行いながら作品を制作。ミラノのクリエイティブエージェンシー“MOFO”との契約に続き、パリ発のアートフォトギャラリー「YellowKorner」で日本人初のグローバルでの作品販売も決定。写真家としてヨーロッパで注目が集まり始めている。
 
「Transtorieta / utsuroi」
「うつろい」シリーズは、京都の骨董店「大吉」が扱う数百年前に作られた古伊万里や鉄器などの器に、命短い草木や料理を添えて撮影。60秒の長時間露光による撮影技法は、香り高く咲く花や朽ちていく葉、瑞々しい食材の艶や細やかな色彩と骨董のしっとりとした表情をとらえ、独特の温度や湿度を写している。長い年月をかけ時を重ねた骨董と、草花や料理の一瞬の儚さと向き合う作業は、石原にとって亡き父との遠い記憶を思い起こさせ、時間の河を漂う作品となった。
 
■ クリエイティブエージェンシー  MOFO
フォトグラファー、ディレクター、ヘアスタイリスト、メイクアップアーティストなどが所属しL’OFFICIEL、ポラロイドなどをクライアントに持つミラノのクリエイティブエージェンシー。ブランディングに特化した制作、マネジメント、マーケティングなどを手がけています。
MOFO Webサイト:http://www.mofodesign.net/

フラワービストロ ポタフィオーリ
ジャズシンガーでフローリストのローザアルバ・ピッチーニがオープンした、イタリアのミラノにあるフラワービストロ。花屋、ギャラリースペース、レストランが併設しており、美しい花とともに洗練された空間で食事が楽しめます。多数のラグジュアリーメディアから注目されている、ミラノの旬なスポットです。
フラワービストロ 「ポタフィオーリ」Webサイト:http://www.potafiori.com/


<お問い合わせ先>
株式会社ヒュー  
TEL:03-3740-4211  E-mail:info@hue-hue.com

このニュースをシェアする

メールでのお問い合わせはこちら