LOADING

協和キリン「MIRAI PORT」

ウェブサイト制作、コンテンツマーケティング

協和キリンのオウンドメディア「MIRAI PORT」。アマナでは、SDGsをテーマとしたこのオウンドメディアの立ち上げから手がけ、その後の継続的なコンテンツの制作と運用戦略に携わっています。

Science & Medical
コンテンツマーケティング|WEB

SDGsへの理解を深める情報を発信することで、企業理解につなげたい

協和キリンは、バイオテクノロジーと抗体医薬を強みとする製薬会社です。BtoBtoCのビジネスがメインであり、一般にはなかなか知られにくい存在。リクルーティングをはじめ、社外ステークホルダーとの良好なコミュニケーションを構築する観点からも、企業認知の幅を広げていきたいという課題がありました。

「ライフサイエンスとテクノロジーの進歩を追求し、新しい価値の創造により、世界の人々の健康と豊かさに貢献する」という同社の企業理念をSDGsの文脈から表現することで、SDGsに対して関心が高いとされるミレニアル世代やZ世代を中心に、企業認知を高めていくことが狙いです。

国内外のライセンスドコンテンツを活用したメディア運用で、
読者の興味関心レベルにあった質の高い情報をコンスタントに配信


グローバルなテーマをバイリンガルで発信していきたいという指針に基づき、NewsCredの国内外のライセンスドコンテンツを活用した、オウンドメディアを軸に据えたコミュニケーションを提案。海外のSDGsニュース、国内のSDGsニュース、協和キリンのSDGsの取り組みの3種のコンテンツで構成することで、幅広く情報を網羅するとともに、一方的な企業のPRに見えない形で自社の取組みも紹介することができます。メディアの編集にあたっては、アマナのコンサルタントがサイトの方向性やKGIの設定、サイト集客をサポートしました。

2019年6月、「MIRAI PORT」を公開し、幅広くSDGsに関する情報を扱っています。ターゲットへのリーチに際しては、親和性の高い他メディアへのコンテンツ配信、SNS運用、さらにはミレニアル世代・Z世代の興味関心の動きに応じたコンテンツの最適化を繰り返しながら、リーチを拡大しています。また、自社の取り組みに関する情報発信においては、次第にさまざまな部署から情報が提供されるようになるなど、社内のSDGsリテラシーを高めることにも寄与する取り組みとなっています。


協和キリン「MIRAI PORT」はこちら
NewsCredのサービスについてはこちら

  • クライアント : 協和キリン株式会社
  • プロデューサー : 市村 純 / 片岡 圭史 / 門間 笑
  • 企画 : 寺西 葉月
  • Webディレクター : 大久保 友太 / 杉岡 紗良

この作品の掲載は株式会社アマナおよびアマナグループの作品事例紹介を目的にしております。掲載作品の転載、無断使用を禁じます。

All materials contained on the amana showcase are intended to present work samples from amana inc. and amana group and may not be reproduced, distributed, transmitted, displayed, published or broadcast without the prior written permission of amana inc.

この事例をシェアする