LOADING

TOAワールドツアー東京 2018

イベント会場レンタル、デジタルコンテンツ制作

ベルリンで開催されている、イノベーションをテーマにしたテック・カンファレンス「Tech Open Air(以下、TOA)」。そのワールドツアーの東京会場として、アマナ海岸スタジオ全館を貸し切りで提供しました。
「TOAワールドツアー東京 2018」では、欧州最大のイノベーション・フェスとしてのネットワークを活かし、日本企業や国内外の識者たちを集めた公開セッションを実施。その開催スペースとして海岸スタジオを提案したところ、広く、雰囲気のいいスペースだったこと、撮影スタジオというユニークさが決め手となり、貸し出しが決定しました。

当初はスペースレンタルのみでしたが、アマナグループのオープンリサーチラボFIGLABから、最新テクノロジーを駆使したプロトタイプの展示を提案。モーターが前後にスライドすることで、3次元のグラフィックを生成するディスプレイ「Kinetic Display」、大型電子ペーパーディスプレイを用いた作品「afterimages − Novel images using electronic paper」を制作、展示しました。

また、FIGLABオリジナルの撮影ソリューション「FIG.CAM」をアレンジして設置。来場者の人物ポートレートを自動で撮影、アーカイブし、外見の類似性が高い写真をマッチングさせてサイネージに表示しました。「TOAワールドツアー東京 2018」のテーマ「ブロックチェーン」にちなみ、人とのつながりを表したコンテンツを来場者に楽しんでいただきました。

全館貸し切りで開催されたカンファレンスは200名以上が訪れ、テクノロジーを媒介に、人と人とを結ぶ場となりました。

イベント




  • 主催 : インフォバーン
  • エージェンシー : 電通
  • プロデューサー : 片岡圭史 / 杉山諒
  • テクニカルディレクター : 新村卓宏
  • プログラマー : 横山徹 / 三井所高成

この作品の掲載は株式会社アマナおよびアマナグループの作品事例紹介を目的にしております。掲載作品の転載、無断使用を禁じます。

All materials contained on the amana showcase are intended to present work samples from amana inc. and amana group and may not be reproduced, distributed, transmitted, displayed, published or broadcast without the prior written permission of amana inc.

この事例をシェアする

この事例に関するお問い合せはこちら