LOADING

三菱電機「Floating Point」

インタラクティブ・サイネージ制作

三菱電機のアートスペース「METoA Ginza」のエントランスに設置された、16面液晶マルチディスプレイ用コンテンツを企画、制作いたしました。
“Floating Point”は歩行者の位置と動きに合わせて映像にエフェクトをかける、インタラクティブ・サイネージです。動画素材の色情報からメッシュを生成し、映像を4K解像度で出力。元となる動画の印象を残しながら、高い解像度とグラフィカルな表現を可能にするもので、今回は展示テーマ「Space in Ginza −銀座の中の宇宙」に合わせ、惑星や星雲の動画を使用いたしました。
テクノロジーとアート、文化の結びつきで生まれる新たな価値を体感できるMEToA Ginzaのコンセプトを体現し、来場者の興味関心を引くコンテンツに仕上げた事例です。

※本展示は2016年9月22日(木)を持って、終了しております。

この事例を企画・制作したプロダクションユニット「FIG.」について

Electronics
TVCM/ムービー撮影|プロモーション

  • スポンサー:三菱電機株式会社
  • クライアント:株式会社アイプラネット
  • アートディレクター:長澤 豪
  • テクニカルディレクター:新村 卓宏
  • プログラマー:三井所 高成
  • プロデューサー:岡崎 玲奈
  • プロダクションマネージャー:杉山 諒 / 佐藤 謙介

この作品の掲載は株式会社アマナおよびアマナグループの作品事例紹介を目的にしております。掲載作品の転載、無断使用を禁じます。

All materials contained on the amana showcase are intended to present work samples from amana inc. and amana group and may not be reproduced, distributed, transmitted, displayed, published or broadcast without the prior written permission of amana inc.

この事例をシェアする

この事例に関するお問い合せはこちら