LOADING

プランニング&デザイン

KPIマネジメントプラットフォーム

定量データと
定性データで
Webコンテンツを
評価・分析。

KPIマネジメントプラットフォーム「Marketing Condition Analytics(MCA)」は、定量データ(Web上での行動データ)と定性データ(Web上で実施するアンケート)の両面からサイトを評価・分析。過去のキャンペーンとの比較やコンテンツの読了率の測定、ブランド認知率、クリエイティブ好感度など、独自の評価スコアを算出し可視化するサービスです。多角的な分析による高い説得力。

多角的な分析による高い説得力。

Webのアクセスログなどによる定量データだけから、アクセスユーザーの声を読み取るのはたやすいことではありません。逆にお客様からの声を集めたアンケートだけでは、Webでの実際の行動まで把握することはできません。MCAは、そのふたつの結果をともに用いることで、より説得力のある評価・分析を実現。分析結果が直感的にわかる見やすい画面デザインも魅力です。

過去のキャンペーンとの比較や
読了率測定も容易に。

たとえば、自社で展開した過去のキャンペーンやコンテンツとの比較を、クリエイティブ好感度や興味、行動意向などの各項目別に評価することが可能です。また、そのほかにもブランドロイヤリティの可視化、サイトリニューアルの評価など、幅広い用途で活用いただけます。

このサービスに関するお問い合わせはこちら