LOADING

プレスリリース

2014.10.27

<報道関係者各位>
株式会社ケイズデザインラボ
カルチュア・コンビニエンス・クラブ株式会社
株式会社アマナ

デジタルものづくりを推進 ケイズデザインラボ×カルチュア・コンビニエンス・クラブ×アマナ 3Dデジタルサービス事業で3社業務提携


株式会社ケイズデザインラボ(本社:東京渋谷区 社長 原 雄司 以下ケイズデザインラボ http://www.ksdl.co.jp )、カルチュア・コンビニエンス・クラブ株式会社(本社:東京渋谷区 社長 増田 宗昭 以下CCC http://www.ccc.co.jp/  )、株式会社アマナ(本社:東京品川区 社長 進藤 博信 以下アマナ http://amana.co.jp/ ) の3社は、3Dデジタルサービス事業において業務提携をおこない、2014年11月より、新しいソリューション・サービスの開発を行い、マーケットの更なる発展を推進していくことといたしました。
          
■内容
3Dプリンターブーム以前の3D黎明期から、3Dプリンター、3Dスキャナー、そして3Dデータを活用したビジネスを展開し、製造業から医療、アート、エンターテイメントなど幅広い分野での実績を積んできたケイズデザインラボを中心とし、TSUTAYA事業を中心としたエンターテイメント事業を手がけるCCC、広告・セールスプロモーション領域のビジュアル企画・制作で高い実績を持つアマナの3社による提携で、それぞれの強みを結集した総合的な3Dデジタルサービス事業を展開する予定です。このサービスは、顧客企業向け(BtoB)、一般消費者向け(BtoC)に留まらず、ひいては個人一人ひとりに合わせたプロダクトやサービスを提供する「BtoI(Individual)」を推進するビジネスです。

■事業展開について
本提携では、具体的に以下のサービス展開から協業を進めてまいります。
   
1)広告・セールスプロモーションを中心とした企画提案・コンサルテーション
顧客企業に向け、3Dツールを活用した広告・セールスプロモーションの企画提案、商品・サービス開発、ビジネスモデルの構築・製造支援におけるコンサルテーションを行います。3Dプリンターを活用したキャンペーンや、BtoI(顧客ごとのカスタマイズ製品)の製造支援も積極的に着手します。
  
2)エンターテイメント分野を中心とした、3Dデータコンテンツ・ダウンロードサービスの提供
エンターテイメント分野を中心に、様々な3Dデータコンテンツを活用したサービスの提供を、一般消費者に向けて、独自のユーザープラットフォーム・媒体を介して行います。既存サービスのネットワークを生かした企業との共創により、各種限定製品・サービスの販売なども、随時行っていきます。
   
3)マーケットの啓蒙、及び教育支援
3Dツールを活用したあたらしいものづくりを研究・開発する、デジタルファブリケーションファームの構築・運営を行います。3Dリテラシーの向上のために、総合的な3D教育カリキュラムやシステムの販売などを行い、教育機関、企業での3Dの活用を啓蒙・支援していきます。

【各社のそれぞれの主な役割は以下の通り】

 【株式会社ケイズデザインラボ】 http://ksdl.co.jp/ 
「アナログとデジタルの融合で世界を変える」を企業ミッションとし、3Dプリンターブーム以前の3D黎明期から、3Dデジタル技術を活用したビジネスを企画提案してきました。現在では、製造業から医療、アート、エンターテイメントなど、幅広い分野での3Dデジタルものづくりを展開しています。
 
 【カルチュア・コンビニエンス・クラブ株式会社】 http://www.ccc.co.jp/ 
「カルチュア・インフラを、つくっていくカンパニー。」をブランド・ステートメントとして掲げ、書店事業を中心としたエンタテインメント事業、Tポイントを中心としたデータベース・マーケティング事業のほか数々のネットサービスや新たなプラットフォームサービスを企画し、それらのプラットフォームを通じて新しいライフスタイルの提案を行っています。

 【株式会社アマナ】 http://amana.co.jp/
アマナはビジュアルで人の心を動かすプロフェッショナル集団です。2500万点のストックコンテンツを販売するほか、豊富なクリエイティブリソースと高度な技術によって、広告ビジュアル、TVCM・アニメ、ウェブ、電子カタログ・APPなど、企画から制作までワンストップで提供し、広告・セールスプロモーション領域を中心にビジュアル・コミュニケーション事業を展開しています。

このニュースをシェアする

メールでのお問い合わせはこちら